【事業相談】「設計として詰んでます」―― 実例から見る、苦しくなる事業設計と勝てる事業設計の分かれ道

文:ゆりにこ(株式会社北原孝彦 広報)

ビジネス勉強グループ「北原の精神の時の部屋」では、メンバー限定イベント「事業相談会」を定期的に行い、北原と直接「壁打ち(事業相談)」ができる場をご用意しています。

本記事は、2022年3月21日の事業相談会から「フロントエンドからバックエンドに引き上がるようにしたい」というお悩みから展開した内容をピックアップしお送りします。

特に、

  • 勝てる“フロントエンド→バックエンド”の設計について知りたい
  • 今まさに商品やサービスを増やそうと考えている
  • サービス提供にかかる時間や体力に限界を感じ疲労感がある

という方のヒントになると思います。ぜひ、ご覧ください。

実際は約30分をかけて繰り広げられる壁打ちの模様を凝縮したものです。ご相談内容は、個人が特定されないよう編集しています。

年商1800万超のWebデザイナー、ビジネス設計の決定的な弱点とは?

北原
北原
今日はありがとうございます。

せひ、明日からのアクションプランを明確にして帰っていただきたいと思います。

よろしくお願いします^^

Aさん
Aさん
よろしくお願いします。
北原
北原
今の課題と、それに対してどんなアクションを取ろうとしているのかを言っていただけたら、それが合っているのかどうかをお話できると思います。
Aさん
Aさん
はい。フリーのウェブデザイナーを10年やっています。

僕と同じような働き方をしたいウェブデザイナーを対象とした個別サポートを月額3万円でやっています。

YouTubeからの集客して、現在54名をサポートしています。

先月から、月額1万円でのグループサポートを始めました。テスト期間で13名が参加してくれています。

グループサポートが個別サポートへの引き上げにつながるようにしていきたいと考えていて、年内にグループサポートを100人にしたいです。

そのためにLINEの登録者を増やすのが課題です。

北原
北原
”グループサポート”は、どんなことをしてるんですか?
Aさん
Aさん
質問相談を受けたり、イベントを不定期に開催したりしています。
北原
北原
わかりました、おおまかにはいいと思うんです。

ただ、月1万円ですよね・・・。

これ弱点があって、月1万のグループサポートの出口がないんですよ。

個別サポートも受けられる人数にもアッパーがあるじゃないですが。

そうなると、グループの人数を増やしても、引き上げる先がないので、グループサポートのメンバーが増えたところで「で?」ってなっちゃうんですよ。

これ、設計として詰んでいますね

わかりますかね・・・?

Aさん
Aさん
確かに、そうです・・・!

ビジネスには順番がある!

北原
北原
これ、順番としては、「個別サポート」の前の「グループサポート」じゃなくて、

「個別サポート」の上の「プロデュース」を作らないとダメだったんです。

個別サポートが54名も成約とれているなら、その成約は再現できそうですか?

Aさん
Aさん
はい、できます。
北原
北原
だったら、単価の低いところに行くんじゃなくて、個別サポートをフロント商品にして、年間で100万円くらいのプロデュースコンテンツを用意した方がいいです。

それがないと、ループサポートがどれだけ増えても、退会率との勝負になって来ちゃいます

すると、今度は退会するお客さんを追っちゃうようになるんですね。

そこまでできた上で、個別サポート(3万円)の”お試し”としてのグループサポート(1万円)を置くのはありです。

Aさん
Aさん
はい。
北原
北原
結局、今は、個別サポートを増やしてもアッパーが来て苦しいし、グル-プサポートが増えても苦しい。

どこが増えても自分の首をしめる戦い方をしちゃっているんです。

グループサポート(1万円)がどんどん過疎化してきたときに、フロントの活動を増やせればいいと思います。

ただ、このままだと個別サポートにリソースが割かれるせいで、フロント活動が出来ないんですよ。

出口になる高単価のコンテンツがないことが活動幅をせばめています

設計にエラーが出てますね。

Aさん
Aさん
そうですね・・・。
北原
北原
月3万円で人の応援ってし続けられますか?
Aさん
Aさん
ちょっとしんどいです。
北原
北原
54人で「しんどい」ですよね。

もちろん素晴らしいんですよ。

それだけで、年商1800万円は行くので。

でも、そこがゴールじゃないですよね?

Aさん
Aさん
そうです!

先に出口を描き、一本筋が通るプロダクトを組み立てる

北原
北原
僕だったら、個別サポートを入り口に「この人なら」という人をバックアップして、継続的に報酬をいただけるようなかたちにしますね。

”そういう人を探すための個別サポート”の位置づけにするんですよ。

54人もいると「もったいないなあ」と思う人はいませんでしたか?

磨いたらすぐに売り上げを上げられるような。

Aさん
Aさん
いました。
北原
北原
そういう人で、かつ、自力では磨けない人に「一緒にやりませんか?」と声をかけて、設計とバックオフィスを全部やるんです。

バックオフィスは報酬が増えれば、優秀な人を入れてどんどん大きくもできますよね。

サポートできる側の人を増やしていくといいと思います。

Aさん
Aさん
わかりました。
北原
北原
現状の課題は、とにかくグループサポートのアップセルが個別サポートになっていて、その個別サポートが今すでに「しんどい」ことです。
Aさん
Aさん
はい。
北原
北原
なので、出口を描いた設計を考えてみてください。

もし、今日僕と会っていなかったら、グループサポートの数を負いながら、退会率も負っていて、苦しいままだったと思います。

応援しています。

Aさん
Aさん
わかりました、ありがとうございます!
  • 商品を作るには順番が大事
  • 商品を安易に増やすと苦しい戦いになることもある
  • 先に出口を描き、そこにたどり着くよう段階を踏んだ商品を設計する

このように、事業相談会では、北原が、参加者ひとりひとりの事業課題に「本気」で向き合います。

毎月、リアル・オンラインで開催していますので、メンバーのみなさまはぜひ活用してくださいね。

もしこの記事が「役に立った」と思っていただけたら、シェアなどで教えていただけると励みになります。引き続き、よろしくお願いいたします。

LINE限定情報・イベントのご案内

「北原の精神と時の部屋公式LINE」では、

イベントやセミナーのお知らせ、メンバー限定のコンテンツなどをご案内しています。

いずれのコンテンツも事業づくりと発展にお役立ていただける内容になっておりますので、ぜひご登録ください。

また、「もっと北原の考えが知りたい」「北原に質問や相談がしたい」という方は、僕が主催している、本気でビジネスを学ぶ勉強グループ「北原の精神と時の部屋」をご検討ください。

精神と時の部屋では、僕がこれまで培ってきたすべての知見、リアルタイムで行っている施策やその裏側まで、包み隠さず共有しています。

「北原の精神と時の部屋」とは?

『北原の精神と時の部屋』は、原理原則でビジネスを設計・運営する力を手に入れる北原主催のビジネス勉強グループです。
(*精神と時の部屋は有料グループです。無料コミュニティの北原メシとは別のサービスになります)

基本的なやりとりは専用のLINEグループ内で行われ、クローズド情報を密に共有し、壁打ちしながら、ビジネス戦闘力を高めていきます。

参加すると不定期で行われる勉強会/交流会に出席でき、事業発表や事業相談ができるほか、専用のオンライン資料室にて様々な勉強資料を自由に閲覧できます。

業種を問わず幅広い方がご参加いただけます。

1年で5年分の学びと視座を。あなたのご参加、お待ちしています。

<参加メンバーの感想をみる>

 

北原の精神と時の部屋には

  • インフルエンサー
  • これから独立・起業する起業家
  • まだ組織化していないフリーランス
  • 店舗経営者
  • EC(通販サイト)オーナー
  • オンラインサロンオーナー
  • 自身のレベルアップを図るビジネスマン

など、本気で事業を構築、展開する人たちが集まっています。

僕の本気の勉強グループ、覗いてみませんか?

\参加者1500名突破しました!/
「北原の精神と時の部屋」の詳細はこちら

北原に事業の相談をしたい方はこちら

北原の事業相談会は、オンライン勉強グループ「北原の精神と時の部屋」限定イベントです。

北原に直接、あなたの事業の壁打ちや相談をすることができます。

僕は以前から事業家を育成したいというビジョンをもっていました。

「精神と時の部屋」を立ち上げたのもそういった背景があります。

精神と時の部屋では、僕がこれまで経験してきたことをすべて共有する、というコンセプトのもと運営しています。

・グループ年商40億の美容室フランチャイズ
・年商8億の通販サイト
・年商2.6億のオンラインコミュティ
・他にも、100社以上が登録するHP事業やシェアオフィス、ディーラーや企業顧問など

これらさまざまな事業を起こしてきた僕のすべてを、出し惜しみなくお見せしています。

思考や行動、経営ロジック、マーケ手法はもちろんのこと、事業実演として、リアルタイムの施策や広告運用などもすべて公開しています。

とても有意義な経験則や考え方であり、日々これらの情報に触れ続け、視座を高めることで事業を成長させることは確かに叶います。

しかし、あくまでも一方向の落し込みであり、一人のために時間をつくることができないという課題も持ち合わせていました。

やっぱり「自分の事業にアドバイスをして欲しい」という声に応えないといけないなと。

どうすれば、目の前に起こしくださった人のために、北原が直接相談に乗ることができるのか、試行錯誤を重ね、ついにこの「北原の事業相談会」が生まれました。

事業相談会では、現状や課題を5〜10分でヒアリング、その後5〜15分でその課題に対して「必要な設計」さらにその設計を実行するための「アクションプランの策定」まで、北原が導きます。

事業は設計8割実行2割、成果が出るレールへと、あなたを強制的に乗せることが、このイベントの最大の目的です。

事業相談会の詳細はこちら