【イベントレポ】「議論している場合じゃない、年商1億以上を目指すならなりふり構わず成果を狙え!」―― 第1回「顧問説明会」を開催しました。

文:ゆりにこ(株式会社北原孝彦 広報)

2022年5月25日、第1回「顧問説明会」を開催しました。

北原の「顧問」は、「一人分の人件費で北原がアドバイザーに」をコンセプトに、北原がブレインとなって事業の設計やアクションプランの策定までをおこなう特別なプロダクトです。

発足からわずか1年足らずで、すでに50社以上にご契約いただいていますが、これまで一度も具体的な活動内容について公にお知らせをしたことがありませんでした。

そのため、これまでの活動のご報告と合わせ、あらためて「顧問」について説明させていただこうと「顧問説明会」を開催する運びとなりました。

当日は、ビジネスコミュニティ「北原の精神と時の部屋」のメンバーの中から、顧問区画への参加を検討している約30名が参加してくださいました。

その模様をダイジェストでお届けしますので、ぜひご覧ください。

なぜ、年商1億円を超えた途端に事業の成長が止まるのか?

本日はお集まりいただき、ありがとうございます。

僕の「顧問区画」は、「北原の精神と時の部屋」が大きくなるにつれて「もっと関わって欲しい」「事業設計に介入して欲しい」というありがたいお声をいただくようになったことがきっかけで立ち上げました。

大々的に告知はせずに、お会いした方に「こういうことを始めました」とお伝えしただけですが、すでに50社以上の方にご契約いただいて、さらに今月が10社、来月も6社の新規面談の予定が入っています。

徐々にサポート体制を整えながら、どんなサポートをすればオーナーが伸びていくのかが分かってきたので、取り組みのご報告をかねて、顧問区画のご説明を、はじめてオープンにさせていただくことにしました。

事業づくりには「0→1」「1→5」「5→100」の3つのステージがあります。

そのステージごとに事業の設計を変えていかないと、スケールすることがありません。

年商1億円を超えた途端に、急に売り上げが悪くなり出したり、集客力が落ちたり、求人が来なくなったりする理由は、事業の再設計が追いついていないからです。

そして、事業の再設計が追いつかない結果、経営者としての成長も止まってしまうんです。

その結果、数字も伸びていかないという悪循環なんですよね。

僕は「0→1」「1→5」「5→100」の全てを経験してきているので、それぞれのステージに合わせたアドバイスをさせていただくことができています。

「勝ち」を狙うなら議論の余地はありません

「北原の精神と時の部屋」のメンバーへの僕の関わりは”学んでくださいね”のスタンスです。

どんな形であれ、自己実現ができればそれで成功でいいと思っています。

ただ、顧問に関しては「勝ちたい」という人に来ていただいています

僕の「勝つ」とは、

  • 利益化ができていること
  • 自動化(半自動化)ができていること
  • 次のステップになっていること
  • お客さまや社員の離脱がないこと

が満たされている状態です。

顧問では、掲げたゴールに対しての最短ルートを取るために今やるべきことを僕の視座から指示させていただいています

そこに議論の余地はありません。

「本当はこれがやりたいんだろうな」「本音ではこう言いたいんだろうな」というのも分かりますが、成果を出すことを決意して参加していただいているはずです。

価値観をぶつけ合うのではなく、「本当はこうしたい」と思いながらも、なりふりかまわず行動できる人に顧問に来ていただきたいですし、実際にその覚悟を決めた方にだけ参加していただいています。

年商1億円以上を目指すために必要なこと

年商1億円までであれば、時間の切り売りであっても誰でもつくることができますが、それ以上を目指すとなれば、必ず「組織化」が必要になります。

そして、組織がない状態で1億円規模までやれてしまう経営者は共通して組織化が苦手です。

個性が強すぎて社員が付いて来られないんですよ。

自分がせっかく作り上げてきたものを自分で叩き壊すような「立ち振る舞い」をしてしまうんですね。

僕もよく「なんで北原さんの元にあれだけ優秀なサポートメンバーが揃うんですか」「なぜDearsの社員さんは離職しないんですか」と聞いていただくことがありますが、それは、僕が立ち振る舞いを、非常に繊細にやっているからです。

立ち振る舞いができずにワンマン経営者になってしまうから、人がついて来られない、組織が作れない、つまり、大きな売り上げをつくることができないんです。

この立ち振る舞いを身につけるのは数ヶ月では無理です。

自分を変えるってめちゃくちゃ大変です、お箸の持ち方を変えるようなものですからね。

なので、本当に「勝ちたい」と覚悟を決めて顧問へ参加してくださったメンバーには、僕が立ち振る舞いについても指導をさせていただいています。

言葉づかい、表情や服装、社員との関わり方、外交場面での立ち振る舞いなどを、時には厳しく言わせていただくことがあります。

“そこまで言ってもいい許可“をいただいた上で、組織を作れるほどの経営者としての器を磨いていただくのが、僕の「顧問」区画です

「北原の精神と時の部屋」(コミュニティ)と「顧問」の違い

コミュニティと顧問の一番の違いは時間軸ですね。

まず、コミュニティではコンテンツを提供し、いただいたご質問に回答させていただいています。

「合宿に来てくださいね」「勉強会に来てくださいね」というスタンスです。

一方で、顧問では、最初にキックオフミーティングの時間を約1時間しっかりと取ります。

そこでは、これまでやってきたことやトライ&エラーを全て聞いて「ここに向かうために今やるべきことはこれですね」とアクションプランまで提示します。

アクションプランを作る時間を一気にスキップして、行動することだけに集中することができるんです。

ただ、先ほどお伝えしたように、ここに議論の余地はありません。

もちろん、今できることしか言いませんが、数字を作るために必要なことを「やってください」とお伝えしていきます。

だから、成果が出ます。

実際に、顧問メンバーからは

顧問参加2ヶ月で売上が3倍になりました!(SNS代行、コンサル)

  • セミナー→コンサルCVR33%
  • 270万超えの成約1件
  • 140万超えの成約2件
  • 130万超えの成約1件

現場卒業&過去最高益になりました!(エステサロン)

  • 求人月間46名
  • 新規次回予約率100%
  • 未経験→入社半年で給与50万支給

売り上げ、集客数、過去最高を連続更新しています!(エステサロン)

  • 新規客数64名
  • 新規次回予約率100%
  • 既存次回予約率100%

こういった実績を当たり前のように出していっています。

なぜなら僕が事業を再設計して、アクションプランまで作るからです。

 

顧問メンバーと描く未来について


僕は50歳になるまでの残りの12年間で「起業家育成のインフラづくり」をしたいと思っています。

僕もそうなのですが、今の日本で「起業」の選択肢に出会えるのは、社会に適応できなかった人だけです。

僕自身も、人の会社で勤められない社会不適応者だったから「起業」という選択肢に出会うことができました。

だって適応できていれば、そもそも「自分でやろう」思いませんからね。

生きづらさや絶望に直面して、慌てて「自分でやらなきゃ」ってスイッチが入るんです。

でも海外では、学生のうちから起業を学んでいて、進学か就職かの選択肢の中に、当たり前のように「起業」が並びます

もし、日本でもそれが当たり前になれば、もっとおもしろい起業家がたくさん生まれて、もっと豊かに生きられる人が増えると信じています

僕は日頃、「やりたいことをやるな」「求められることをやれ」とお伝えしていますが、「起業家育成のインフラづくり」と「僕に求められていること」がようやくリンクしてくるようになりました。

事業づくりを実践するコミュニティに1,500名以上の方が参加してくださっていることがその証明だと思います。

ここからインフラとして整備していくためには、まずは僕の近くから勝てる事業家を輩出し、勝てる事例をどんどん作っていく必要があります。

だから、僕とフロントに立ち、一緒に旗を振りながら、大きな山を登ってくれる人を探しています

僕の近くで学び、僕のイズムを受け取ってくださった顧問メンバーから、いつか一緒に会社を作る仲間が生まれたら嬉しいです。

本日はご参加いただきありがとうございました。

セミナー後は、北原や弊社運営メンバーが各テーブルをまわり、食事を囲いながら交流も行いました。

現在、北原の「顧問」区画へのご参加は、コミュニティー「北原の精神と時の部屋」に3ヶ月以上在籍していただくことが前提条件となっております。

参加をご希望の方は、まずはコミュニティに入会いただき、「北原の精神と時の部屋」カスタマーサポートLINEまでお問い合わせください。

LINE限定情報・イベントのご案内

「北原の精神と時の部屋公式LINE」では、

イベントやセミナーのお知らせ、メンバー限定のコンテンツなどをご案内しています。

いずれのコンテンツも事業づくりと発展にお役立ていただける内容になっておりますので、ぜひご登録ください。

また、「もっと北原の考えが知りたい」「北原に質問や相談がしたい」という方は、僕が主催している、本気でビジネスを学ぶ勉強グループ「北原の精神と時の部屋」をご検討ください。

精神と時の部屋では、僕がこれまで培ってきたすべての知見、リアルタイムで行っている施策やその裏側まで、包み隠さず共有しています。

「北原の精神と時の部屋」とは?

『北原の精神と時の部屋』は、原理原則でビジネスを設計・運営する力を手に入れる北原主催のビジネス勉強グループです。
(*精神と時の部屋は有料グループです。無料コミュニティの北原メシとは別のサービスになります)

基本的なやりとりは専用のLINEグループ内で行われ、クローズド情報を密に共有し、壁打ちしながら、ビジネス戦闘力を高めていきます。

参加すると不定期で行われる勉強会/交流会に出席でき、事業発表や事業相談ができるほか、専用のオンライン資料室にて様々な勉強資料を自由に閲覧できます。

業種を問わず幅広い方がご参加いただけます。

1年で5年分の学びと視座を。あなたのご参加、お待ちしています。

<参加メンバーの感想をみる>

 

北原の精神と時の部屋には

  • インフルエンサー
  • これから独立・起業する起業家
  • まだ組織化していないフリーランス
  • 店舗経営者
  • EC(通販サイト)オーナー
  • オンラインサロンオーナー
  • 自身のレベルアップを図るビジネスマン

など、本気で事業を構築、展開する人たちが集まっています。

僕の本気の勉強グループ、覗いてみませんか?

\参加者1500名突破しました!/
「北原の精神と時の部屋」の詳細はこちら

北原に事業の相談をしたい方はこちら

北原の事業相談会は、オンライン勉強グループ「北原の精神と時の部屋」限定イベントです。

北原に直接、あなたの事業の壁打ちや相談をすることができます。

僕は以前から事業家を育成したいというビジョンをもっていました。

「精神と時の部屋」を立ち上げたのもそういった背景があります。

精神と時の部屋では、僕がこれまで経験してきたことをすべて共有する、というコンセプトのもと運営しています。

・グループ年商40億の美容室フランチャイズ
・年商8億の通販サイト
・年商2.6億のオンラインコミュティ
・他にも、100社以上が登録するHP事業やシェアオフィス、ディーラーや企業顧問など

これらさまざまな事業を起こしてきた僕のすべてを、出し惜しみなくお見せしています。

思考や行動、経営ロジック、マーケ手法はもちろんのこと、事業実演として、リアルタイムの施策や広告運用などもすべて公開しています。

とても有意義な経験則や考え方であり、日々これらの情報に触れ続け、視座を高めることで事業を成長させることは確かに叶います。

しかし、あくまでも一方向の落し込みであり、一人のために時間をつくることができないという課題も持ち合わせていました。

やっぱり「自分の事業にアドバイスをして欲しい」という声に応えないといけないなと。

どうすれば、目の前に起こしくださった人のために、北原が直接相談に乗ることができるのか、試行錯誤を重ね、ついにこの「北原の事業相談会」が生まれました。

事業相談会では、現状や課題を5〜10分でヒアリング、その後5〜15分でその課題に対して「必要な設計」さらにその設計を実行するための「アクションプランの策定」まで、北原が導きます。

事業は設計8割実行2割、成果が出るレールへと、あなたを強制的に乗せることが、このイベントの最大の目的です。

事業相談会の詳細はこちら