ビジネスの原理原則を取り入れた、ノリと勢いから生れる唯一無二の事業

こんにちは!インタビュアーあいめこです。

今回の「北原の精神と時の部屋」のメンバー様インタビューは、普段から北原さんとお付き合いもある、天才を生む天才、やまけんさんにお話をうかがいました!

やまけんさんは、現在ビジネスタレント事務所を経営されています。

突き抜けた個性や技能をもつ人の天才性を見つけプロデュースすることで、メジャーになるまでサポートしていくという事業です。

天才プロデュースに関して信じられないくらい数多くの実績をもたれる、いわゆる天才です。

インタビューする前は、このような唯一無二なビジネスをされているので、言い方は悪いですが、きっとぶっ飛んだ人なんだろうなと思っていたのが本音です。

しかし、やまけんさんのお話を聞けば聞くほど、ノリやテンションだけではなく、しっかりとビジネスの根底を勉強し続けられている「学びに貪欲なお顔」が見えてきました。

やまけんさんのお仕事は「天才性をゼロから作る」こと

あいめこ
あいめこ
ズバリ、やまけんさんの職業は何ですか?
山田
山田
あえて分かりやすい職業で言うと、プロデューサーっていう感じになるんですかね。
あいめこ
あいめこ
公式サイトには、人の強み発掘プロデューサーと書かれていますよね。
山田
山田
具体的にいうと、時間をかけてその人にしかできない天才性を見つけたり、ゼロから形にしていきます。

それをビジネスに落とし込んで、唯一無二なポジション、唯一無二なサービスを作っています。

あいめこ
あいめこ
やまけんさんのTwitterや公式サイトに「天才は作れる」と書いてありますが、天才を作るとはどういうことでしょうか?
山田
山田
今天才と言われる人でも、その過程では、はじめからすごいと思われている人もいれば、もともとは全然そうじゃない普通の人もいるんですよ。
あいめこ
あいめこ
誰もが最初から天才ではないと。
山田
山田
天才ってもとから天才と思われがちですよね。

でも、ある段階までは凡人で落ちこぼれだったけど、あるときから天才になっていったという人もたくさんいるんです。

あいめこ
あいめこ
なるほど、天才になるきっかけや方法があるということですね。
山田
山田
そうなんです。
僕はその方法論を体系化しているので、凡人が天才になる方法を知っています。

そして今、それを言語化しているところです。

あいめこ
あいめこ
天才と呼ばれたい、特別な存在になりたいと思ってる人は多いですよね。

私もそう思うときがありました。
でも、天才ってそう簡単になれないものじゃないですか。

それってすごくないですか。
なんの才能も無い人が、自分の魅力や個性に気づいてもらって、そこを伸ばしてもらえるってすごいことだと思います。

山田
山田
天才を作るのに、先天的な資質があるかどうかはまったく関係ありません。

もともと才能がなかったとしても形にしていきます。

あいめこ
あいめこ
どこにでもいるような凡人でも天才になれてしまうと。
山田
山田
そう、天才性はゼロからでも作ることができます。

それが僕の仕事です。

やまけんさんが事業にされていることは、北原の精神と時の部屋のコンセプトと真逆をいっている?

あいめこ
あいめこ
やまけんさんは唯一無二のその人にしかできないことを開拓されてるわけですよね。

人とは違う個性とか尖りなどを大切にされているのではないでしょうか?

山田
山田
たしかに個性的な人、ぶっ飛んだ人は好きですね。
あいめこ
あいめこ
それって、普遍的なビジネスの原理原則が学べる「北原の精神と時の部屋」のコンセプトとは、真逆なのかなって思ったんです。
山田
山田
表面的に見ると、そう思われることが多いと思います。
あいめこ
あいめこ
でも実は違うと。
山田
山田
北原さんの場合って細かなハウツーより、原理原則を言語化していますよね。

その原理原則は、個性を生かす場合でも必要だと思うことが多かったりするんですよ。

あいめこ
あいめこ
個性を活かすために原理原則は必要だと、なぜそう思われたのでしょうか。
山田
山田
昔、数十人の組織を作っていたときに、社員の成長や自己実現のことを考えすぎてうまくいかないことがあったんですよ。

その時、あれ?って思って。

あいめこ
あいめこ
一見、個性を大切にするって良いことだと思われがちですけど、比重がそこにかかりすぎると事業としてうまくいかない。ということですね。
山田
山田
もちろん今でも個性を大事にするという基本スタンスは変わりませんけどね。

だけど、会社として長く続けていくならビジネスの原理原則の勉強は必要だと実感しましたね。

あいめこ
あいめこ
なるほど。
それが、やまけんさんが北原の精神と時の部屋へ参加されている理由なんでしょうか。
山田
山田
そもそも、多くの人は思ったことをそのままやっちゃいがちなんです。

ノリや勢い、思い立ったら行動しちゃうっていう感じで、、、。

あいめこ
あいめこ
わかります!私もどちらかというとそっち側の人間です!

ノリ!勢い!とりあえずなんでもやろ!みたいな笑

山田
山田
僕もそうです。

そうやって自分を客観視して理解したうえで、自分や社員の希望、個性を考慮したビジネスモデルの設計を、自分よりも高いレベルでできそうなのが北原さんしか思い当たらないんですよね。

あいめこ
あいめこ
やまけんさんもオンラインサロンをされていましたよね。

サロンをされている方から見て、北原さんの精神と時の部屋ってどんな印象を受けますか。

山田
山田
オンラインサロンってまさにノリと勢い、見切り発車でやりたいからやる、という人が多かったりしますよね。
あいめこ
あいめこ
たしかに・・。多い印象。
山田
山田
立ち上げるのはいいけど、自分が飽きたりサロンメンバーが減ったりするケースが多く、10年単位で長く続けられるような構造になっていないことがほとんどで。
あいめこ
あいめこ
たしかに今オンラインサロンは増えてはいますが、長く続いているところは少ないですよね。

ちょっとずつ人気が衰えていくようなイメージ。

山田
山田
そうなんですよね。

オンラインサロンのようにずっとリソースを投下し続けなければいけない、継続的に課金させるモデルは、一つの行動を継続できない人には難しいんです。

あいめこ
あいめこ
やるならやるで、長期的に続けることができる設計が必要なんですね。
山田
山田
ノリで始めたビジネスだとしても、設計がうまくいっていないと続けることは困難です。

だからこそビジネスの原理原則を学び、ビジネスをデザインしていくことがめちゃくちゃ大切ですよね。

期待値のコントロールでつくる、ノーストレスな事業設計

あいめこ
あいめこ
天才気質のやまけんさんですが、北原さんからの学びで実際のビジネスに活かされた場面はありますか。
山田
山田
僕が北原さんから学んだことで一番大きいのは、5年、10年続けられそうなプロダクト作り、ビジネス全体のデザインができたことですね。

実際にデザインを作り始めてちょうど1年くらいなんですけど、ビジネスをやっていても驚くほどストレスがないんですよ。

あいめこ
あいめこ
ストレスがないのって大切ですよね。
なんだかんだで仕事にはストレスがつきものですから。
山田
山田
本当にそうなんですよ。
僕がやっているサービスなんかは、ストレスを減らす設計をしないと続けることが難しいんですよ。
あいめこ
あいめこ
具体的にはどういうことでしょうか?
山田
山田
僕がやっている『天プロ』という天才発掘・プロデュースサービスは4カ月参加で数十万円かかります。

こういった高額なセミナープログラムをやると、一定数の不満がでてきます。

とくにコミュニティー型だと一人の不満が周りに影響し、それが講師にとってのストレスになる。

あいめこ
あいめこ
たしかに数十万円払うということはそのサービスにかなり期待しますよね。

私なら自分が天才売れっ子になる未来とか想像しちゃうかも、、、。

山田
山田
そうなると期待とのズレが出たときに大きな不満、ストレスになるリスクがあるんです。

それで、北原さんが経営しているDearsの、社員さんが辞めない仕組みを自分のビジネスでも真似をしようと思ったんです。

あいめこ
あいめこ
Dearsは離職率がグループ全体で3%と非常に低いですよね。

私もその数字を聞いた時は驚きました。

たしか日本の平均離職率って15%くらいですよね、、、。

山田
山田
すごい数字ですよね。
Dearsで社員さんが辞めない理由が二つあるんですけど。

一つは、入ったら絶対に良くなる人しか入れない。
収入が既に高い人や優秀な人は入れない。

もう一つは、相手に対して懸念になりそうだと思ったことを最初に言っておくことです。

あいめこ
あいめこ
不満が生まれにくい人を選ぶ、不満が出そうな部分は事前に告知しておくということですね。
山田
山田
そうです。それを天プロに置き換えたときに何ができるかを考えました。

北原さんは面談のところに力を入れていると言われていたので、僕も事前の審査をめちゃくちゃ厳しくしたんですよ。

あいめこ
あいめこ
どういったポイントを厳しくされたのでしょうか。
山田
山田
エントリーしてもらった人には、必ず相手の期待外れになる可能性があることをドキュメントで共有して、それでもいいですか?と毎回確認するようにしました。

天プロに参加すると確実に手に入るものはこれ、参加しても手に入るかどうか分からないものはこれ、というふうに明確に分けて参加希望の方には理解してもらいます。

あいめこ
あいめこ
確実に手に入るものは期待してもらっていいけど、手に入らない可能性があるものもあるよってことを知ってもらうんですね。
山田
山田
はい、これがすごく大事で。

期待をどこまで高くするかは人それぞれで分からないものだからこそ、事前に期待値をこちらでコントロールするイメージですね。

あいめこ
あいめこ
確実に手に入るものがわかるのは、高額なお金を払う参加者にとっても、事前に教えてもらえるのはありがたいですね。
山田
山田
実態より期待値が少しでも高まると不満につながるので、極力期待値を下げるようにしています。

これを実践してから、参加前と後での期待値のズレが減り、参加者の不満はほぼなくなりました。

あいめこ
あいめこ
なるほど。それでごっそりストレスがなくなったというわけですね。
山田
山田
この仕組みをはじめてからストレスはほとんどなくなりました。

ちょっとでもストレスになりそうなことを、プロダクトやビジネスモデル全体の中から消していくことがすごく大事だと思います。

人生ありきでビジネスを位置付けていく

(写真は、やまけんさん、あいめこ、自撮りしている北原さん)

あいめこ
あいめこ
やまけんさんと北原さんってすごく仲がいいですよね。

やまけんさんから見た北原さんってどんな人ですか?

山田
山田
北原さんって事業や売り上げを伸ばすことだけに注力している人に思われがちですけど、実はそんなことはなくて。
あいめこ
あいめこ
たしかに北原さんは、数字と原理原則っていうイメージをされている人は多いと思います。

実際に数字や原理原則をとても大切にされていますしね。

山田
山田
もちろんそうなんです。

でも、僕から見た北原さんは、その人の幸せからどんな仕組みが必要かを中心に考えてアドバイスをする人なんです。

北原さんは、自分の幸せ、守りたい人の幸せのためには何が必要なのか、という視点でビジネスをデザインされています。

あいめこ
あいめこ
幸せのための事業設計、素敵ですね。
山田
山田
僕は北原さんから、事業の売り上げを伸ばす知識だけでなく、自分の幸せを実現できる事業をデザインするためには何が必要なのかを学びたいんです。

北原さんって、事業や売り上げを伸ばすことが一番いいと思っている人ではないんで。

あいめこ
あいめこ
そこは、やまけんさんの天プロと似ているところがありますね。
山田
山田
そうですね。
僕も人生ありきで、その中でビジネスをどう位置付けていくかが大事だと思っています。
あいめこ
あいめこ
「人生ありきのビジネス」って本当にすごく大切だと思う・・・。
山田
山田
自分が人生の中でやりたいことをやるために、どう考え、どう行動をするか、それをビジネスに落とし込むにはどんな設計にしていくかを考えています。

同じような視点をもつ北原さんからたくさん学べるといいなって思いますね。

あいめこ
あいめこ
そういったことは天プロではどのように教えられているのですか。
山田
山田
僕は天プロでは「ライフ>ビジネス」と伝えています。

売り上げを上げることよりも本人が幸せであることが大切であると。

あいめこ
あいめこ
「ライフ>ビジネス」仕事よりも人生!ですか。
山田
山田
天プロという事業では、天才になること、唯一無二の人になることよりもっと前段階で、自分が幸せであることが大事なんです。

苦しい辛い思いをしながら天才になるってなんか違うなって。

あいめこ
あいめこ
なんでもそうですが、苦しい辛いことって長続きしませんよね。

シンプルに楽しくないと思ってしまいます。

山田
山田
ビジネスでも同じで、自分がどうやったら幸せになれるのか、そのためには何が必要なのかを分かっていないと長続きする事業は作ることができません。

僕自身、自分にしかできないこと、執着できるものってなんだろうと考えたときに、売り上げを伸ばしていくことではありませんでした。

僕の場合は、その人にしかできないことを形にするということだったら、長期的に続けられると思ったんです。

あいめこ
あいめこ
それが唯一無二のサービスを立ち上げられたきっかけなのですね。
山田
山田
短期的な売り上げや集客を伸ばすことよりも、自分が本当にやりたいことを形にした面白いサービスとか、唯一無二のビジネスの形を作りたい、そう考える人の支援をしていこうと思ったのが天プロの始まりでもありますね。

自分の気持ちをすごく大事にするビジネスのあり方というのは、僕の大切な事業方針でもあります。

人生ありきでビジネスを位置付けていった結果、今があるかな。

ノリと勢いでやるからこそビジネスの原理原則を学ぶ

あいめこ
あいめこ
やまけんさんが北原の精神と時の部屋で印象に残っていることはありますか。
山田
山田
事業を組むときに、どういうふうに考えたりデザインしたりするのか、いつも参考になっています。

北原さんも小さなところでは方針転換されることはいっぱいあります。

失敗も含めて、どういうタイミングでこれを失敗とみなして軌道修正し、その結果どう変わるのかが参考になります。

あいめこ
あいめこ
精神と時の部屋では北原さんの動きをリアルタイムで見て学べますよね。
そういった情報を出している人はいないのでかなり貴重かと。
山田
山田
それを見て、北原さんでも事業がうまくいかないことがあるなら、ノリと勢いでやってる自分はなおさら見切り発車じゃなくて、ちゃんと考えてから事業を作ろうと思えるんですよ。
あいめこ
あいめこ
とてもよくわかります。

さっきも言いましたが、私もノリでやっちゃう方なので、始める前に少し一呼吸おいて考える時間を持つようになりました。

山田
山田
そもそもビジネスの原理原則は、みんな学んだほうがいいと思います。

どちらかしかできない、知らないというのは不自由になることのほうが多いはずですからね。

ビジネスをやるうえでノリやテンションが必要な時もたしかにあるけど、ビジネスの原理原則を知っておくことで事業デザインの幅は確実に広がるんです。

知っているからこそ選べる状態になるのだと思います。

必要な情報を確実に落とし込むことが大事

あいめこ
あいめこ
やまけんさん自身は北原の精神と時の部屋をどういうふうに使われていますか?
山田
山田
僕は情報量が多いのがすごく苦手なので、自分が迷ったときや、インプットしたいと思ったことがあるときだけ見る感じです。
あいめこ
あいめこ
たくさんの情報の中から、今学びたいものをピックアップされているのですね。
山田
山田
そうですね。大事なのは、自分にとって必要なものを落とし込むことです。

情報量が1000あるよりは、自分に必要だけど足りてないことを1インプットして、それを時間をかけて落とし込むことが大事だと思っています。

自分の中に落とし込めていない課題を解決するまでは、新しい情報はあまり入れません。

あいめこ
あいめこ
情報量が多いのが苦手な人は、やまけんさんのように必要な情報を一つ、集中して入れるやり方が向いてますよね。
山田
山田
ビジネスで成果を出せていない人は、まずは学ぶものを一つに絞ったほうがいいと思いますよ。

逆に情報量が多くても大丈夫な人は、たくさんの情報や考え方を浴び続け、自分の思考のズレや意思決定のズレを理解するってのもいいかと。

あいめこ
あいめこ
たしかに最初は精神と時の部屋のレベルの高い情報に驚くのですが、毎日それを見ているとビジネスに関する思考が固まってくるんですよね。
山田
山田
そうそう。

まだ成果が出せていない人は、他のビジネス情報をシャットアウトして、精神と時の部屋の優先順位を上げる。

そして、自分のビジネスにしっかり落とし込むことが大事だと思います。

あいめこ
あいめこ
どれだけ情報を見ても理解していないと意味がありませんよね。
山田
山田
原理原則の根本部分を、ちゃんと落とし込んで理解しているかどうかで、ビジネスがうまくいく確率は変わってくると思うんです。
あいめこ
あいめこ
具体的な落とし込み方なんかはありますか?
山田
山田
例えば、相談内容を見るとき。
北原さんはどう答えるか、北原さんが回答する前に自分なりに考えて答え合わせをする。

北原さんの回答と7割くらい合うまでは、それをやり続けないと根本的な力は付きにくいと思います。
7割以上一致してきたら、落とし込めてきてると判断します。

これをやるやらないで理解度が大きく変わると思いますよ。

あいめこ
あいめこ
参加者のLPの添削や事業に関する質問を、どう活用して自分の成長につなげていくのか、これってすごく大切ですね。

勉強になりました!

ちなみに、やまけんさんは精神と時の部屋をどれくらいチェックされますか?

山田
山田
こんなこと言ったら北原さんに怒られるかもしれませんが、ほとんど見てないです。

ごめんなさい。笑

あいめこ
あいめこ
(ここにきてやまけんさんのノリと勢いの部分が出てしまった!)

えっと、じゃあ、どんな時に見ようと思いますか?

山田
山田
・・・・・。(悩むやまけんさん)

心が、求めたら・・・。

あいめこ
あいめこ
・・・・・。

やまけんさんらしさが出た感じでインタビュー締めます!笑

貴重なお話ありがとうございました!

まとめ

このインタビューを通して、当初想像していなかったやまけんさんを知ることができました。

ノリと勢いを大切に唯一無二のサービスを形にしながらも、一見真逆なビジネスの原理原則を学ぼうとする姿勢がとても印象的でした。

これだけすごい方でも常に学び続けられているのです。

だからこそ「天プロ」のような、唯一無二で長く継続が可能な事業を形にすることができるのだと、深く実感しました。

自分の人生ありきで長期的に続けられるビジネスをするというのは、本当の意味で豊かになれる事業設計なのではないでしょうか。

 

SNSでは書けないことを書くメルマガ(無料)
http://eepurl.com/gULFHD

論文vol.1「天才系(アート型)ビジネス〜移住〜」(有料)
https://yamadakenta.jp/488/

「Twitter攻略とマネタイズの全技術」(有料note)
https://note.com/yamaken_edu/n/need09e1cad0f

北原の精神と時の部屋
参加方法

参加をご希望の方は、利用規約に同意のうえ、下記のボタンより、サポート専用の公式LINEアカウントまでお問い合わせください。

▼参加申し込みはコチラ▼

\参加者 1100人突破!/
LINEで問い合わせる

<参加者の感想はこちら>

*業種、業界関係なく自由にご参加いただけます
*たとえ同業者であっても問題ございません
*安心してお問い合わせください