迫 佑樹さんへインタビュー「北原の精神と時の部屋」の価値を100倍に高める方法

こんにちは、北原の精神と時の部屋メンバー 時代と寝る女 あいめこです。

北原の精神と時の部屋メンバーは経営者さんが多く、メンバーにはそうそうたる方が沢山揃っています。

今回の北原の精神と時の部屋インタビューをさせていただくのは、迫 佑樹さんです。

あの!迫さんです。

「Brain」というコンテンツ販売プラットフォームを運営されていたり、飲食店、美容室、オンラインスクール、不動産業など…

迫さんってどんな人?と聞かれたら「あらゆる事業で成功を収める24歳の本当にすごい人です」といった答えしかでません。

迫さんの会社は年商10億円以上。

迫さんがTwitterに税金の納付書をあげていらっしゃって、すごくびっくりしことを覚えています。

(税金の納付書を出すインフルエンサーはもちろんのことあまりいない)

最近では「人生攻略ロードマップ」という本も出版され、ますますその名を世に轟かせている迫さんですが、何を隠そう迫さんも北原の精神と時の部屋メンバーでいらっしゃいます。

今回のインタビューでは、迫さんがどうしてこのサロンに入ってくださっているのか、どういう風に活用されているのか、迫さん自身のお話など沢山聞いて参りました。

ここまで書いていて、「早くあいめこインタビューの中身出せや」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、何を隠そう、私迫さんの大ファンでございますので、焦らしています。

濃い濃いインタビュー45分ほどを惜しみなく、文章に込めましたので、どうぞご覧ください!

個人的にはこのインタビューを通して迫さんのイメージが「天才」から「常に誰よりも学び続ける天才」に変わりました。

このインタビューは北原の精神と時の部屋へ入会を考えていない方にもおすすめです。

<インタビューを動画で見たい方はこちら>

<音声で聞きたい方はこちら>

迫さんが北原さんに注目する部分は「事業の再現性」

あいめこ
あいめこ
迫さんは何がきっかけで、サロンのことを知られたんですか?
迫
北原さんと初めて会ったのは、3年前です。

北原さんが主催していた経営者向けの合宿でした。
15人くらいの経営者が参加して、自分の事業についてプレゼンするみたいな合宿ですね。

今もどんどん伸ばしていらっしゃる方ばっかりのかなり濃い経営者の集まりだったんですけど、その中で一番、再現性を持って事業をやられていたのが北原さんだったんですよ。

経営者っていろいろなタイプがいて、「自分を起点にして引っ張っていくから、不確定要素は多いけどなんとかがんばっていこうぜ」っていうタイプの経営者もいれば、北原さんみたいに「事業設計をしっかりやって、スモールスタートから事業を展開していこう」という人もいて。

色んなタイプがいる中でも、一番再現性を持ってやられていたのが北原さんでしたね。
そこから事業のやり方を学ばせていただいています。

あいめこ
あいめこ
経営者のタイプの話、興味深いですね。
迫さんも再現性を持った事業展開についてよく発信していらっしゃるので「再現性」に惹かれるというのはなるほどなと思います。
迫
僕が北原さんにお会いした当時、年内にDears100店舗がんばりますっておっしゃってて、80店舗を達成していた頃でした。

そこから言ったとおりに、着実に店舗数が伸びていて今では150店舗ですよね。
本当にすごいんですよ。
言ったことを着実に達成している。

あいめこ
あいめこ
迫さんは、北原さんのどういうところがすごいなと思われますか?
迫
事業って、目標をたてても上振れたり下振れたりするのが普通なんですよ。

振れがあるということは、事業を作っていく上での不確定要素が多い証拠なので、正直あまり良いことではありません。

その点、北原さんは目標値を宣言し、到達点がブレないようにしながらしっかりと完遂されていた。これは本当にすごいなと。

それを支えているのは、これまでやってきた小さなことの積み重ねで、まずは1店舗目をしっかりスタートさせて、2店舗目をやって、そこからFC展開をしていくという中で得られたスキルが詰まっている。

それが、再現性の高さに関係していると思っています。

北原さんがそのノウハウを教えてくれるサロンがあるんだったら、月額2万は激安ですよ笑

迫さんが北原の精神と時の部屋でお得に感じることは、「普通の経営者なら見せない情報が見れること」

あいめこ
あいめこ
迫さんから見て正直『北原の精神と時の部屋』の2万は、どう思いますか?
迫
めちゃくちゃ安い。

内容ももちろんなんですけど、かなりの労力を北原さんがかけられてますよね。

北原さんって、「1日で1000万のコンサルティング料です」って言っても驚かないレベルの実績をお持ちなんですよね。だって、4年で100店舗以上美容室を作り、コロナ禍でも全店舗黒字という実績があるから。

もしこの内容を学ぼうとしたら、安く見積もっても月に30〜40万とかかかる内容だと思います。
そう考えると月2万って激安ですよね。

あいめこ
あいめこ
確かに。特に、迫さんがこの値段でやっていいの?って思う内容はありますか?
迫
例えば、スタッフとの面接の録音を出していらっしゃるんですけど、それって普通は絶対に出さないものなんですよ。
迫
普通、面接の録音データまで公開しないんですよ。
スタッフの採用部分って、絶対に他社に真似されたくない部分なので。
あいめこ
あいめこ
確かに面接のコンテンツがおすすめ!というのは前回インタビューした経営者さんもおっしゃってましたね。
迫
北原さんのサロンでは、ビジネスを設計する上での、原理原則というのがまずコンテンツとしておいてある。

そして、今回の面接の録音データのような、北原式ビジネスの原理原則に基づく手法の、具体例をたくさんサロン内に出してくれている。

そこに、僕は価値があると感じています。

あいめこ
あいめこ
特殊なビジネスモデルというか、今までになかったビジネスモデルなので、具体例があるとより理解が深まりますね。
迫
あとは、次回予約の表とかあったじゃないですか。ここまで見せちゃうんだって。
あいめこ
あいめこ
普通は見せないものなんですか…??
迫
普通のビジネス系のオンラインサロンだったら、「次回予約は〇〇%を目指しましょう」くらいで終わるレベルだと思いますよ。

でも、北原さんのコミュティでは、「実際に店舗で使っている予約表」まで見せている。
そして、その表を一つ見せるだけで、こういう項目を店舗では管理していて、1日にこれくらいの予約が入っているというのが自然にわかりますよね。

しかも次回予約がほぼ全部丸だったので、説得力が増してます。

ここまでしっかり出すっていうのは、「リアルな情報をサロンメンバーに知ってもらいたい」という北原さんの想いが込められているんだなといつも思います。

あいめこ
あいめこ
全てにおいてリアルな感じがしますよね。
表であったり、音声であったり。
北原さんの仕事を隣で見ているような感覚があります。
迫さんとりゅうけんさんがこの前、国力が上がるサロンっておっしゃってたんですよね。
迫
そう、日本のGDPが上がるサロン。
あいめこ
あいめこ
サロンメンバーが何千人とかになったら、確かにGDPは上がりそう。

迫さんから見ても北原の精神と時の部屋のようなサロンは他にはないですか?

迫
ないですね。
今日やったこととか、その辺のレベルまで教えてくれるじゃないですか。

あれは貴重ですよ。

また、北原さんのサロンでは「リアルタイムで北原さんがやっている施策を見れる」というのも、非常に勉強になるポイントです。
例えば、よくあるビジネス系のコンテンツだと「事業をやって、うまくいったポイントだけをまとめて出す」って人が多いんですよね。

あいめこ
あいめこ
確かによく見ますよね。
迫
それも短期間で学べていいんですけど。

今ここから事業を作っていくってなったときに、どういう意図で、どういう目的を達成するために、どんなリスクを考えてこの行動をやっているかっていうのをリアルで出してくれるのはすごい価値があるんですよ。

あいめこ
あいめこ
なるほど。北原の精神と時の部屋は常に事業がリアルタイムで動いていきますね。
迫
もちろん、後からまとめる形でも、学べることは多いです。
ただ、やっぱりリアルタイム性があると、「事業を作るときの思考」みたいなものまで学べるから、すごく価値が高いんです。

そして、事業を作るときの北原さんの思考を知っておけば、大きな失敗を防ぐことだってできるんです。

例えば、店1個失敗して1000万円の損失を被ることを考えると、月2万で再現性の高い事業の作り方をリアルタイムで学べるのは非常にコスパがいいですよね。

迫さん流 オンラインサロンの価値を100倍高める方法

あいめこ
あいめこ
迫さんってどのくらいのペースでサロンの動き見ていらっしゃいますか?

(北原の精神と時の部屋は毎日質問やLPの添削など行われている)

迫
まず起きたときに通知がたまっているので一回見ます。
朝から活発なサロンなので。

それから夜も見て。1日に2、3回くらいですかね。

あいめこ
あいめこ
迫さん忙しいのにマメに見ていらっしゃるんですね…!!
迫
ためると、学習が浅くなるんですよね。

普段、僕がどうやってあのサロンで学んでいるかというと、サロン参加者の事業の質問とかLPを添削してくださいという質問を見て、「僕ならこういうふうに直すな」っていうのを考えながら、北原さんの回答を待ちます。

それから「僕はここに気付いてなかった」とか「ここは一緒だ」とか「もっとここは変えられる」とかって答え合わせをするんですよ。

それをやるときに、通知がめちゃくちゃ溜まってて、分量があったら、面倒くさすぎてやらないですよね。

あのサロンって「サロン参加者の疑問点に、自分ならどう回答する?」って考えて、北原さんの回答と答え合わせをすることにめちゃくちゃ価値があるなと思って。

あいめこ
あいめこ
それをされてる方、少ないと思います。ちょっと衝撃です。
私流し見してました。
迫
そうなんですよ。
「自分ならどうする?」って考えるとサロンの価値は100倍くらいになります。

もし、サロンに入っていなかったらサロンで北原さんにボコボコにダメ出しをされているあの失敗LPを作っちゃう人が大半だと思うんですね。
(北原の精神と時の部屋では1日に1人くらいはLP添削を受けていらっしゃいます。)

「この画像を持ってきた意味は何ですか」とか、「このビフォーアフターいらないですよね」とか、「このコンセプトは意味が分からないです」って北原さんはズバッと言うんですよね。

あいめこ
あいめこ
北原さんってふわっとしていらっしゃるイメージがあるんですけど、LPの添削の時ズバズバですもんね。
迫
でもあれが勉強になる。

悪いLPには理由があって、その理由を北原さんは分かっているから、広告を回したときにちゃんと集客ができていると。

それは、今までDearsを発展させていく中で生まれてきた知見であって。

そこから、北原さんが考える「事業における失敗ポイント」が分かる。
その失敗ポイントさえしっかり理解しておけば、事業を作ったときに大きくこけることはないと思います。

あいめこ
あいめこ
「大きくこけることはない」っていうのは確かにポイントだと思います。
大きくこけなければ事業スピードが上がるのは間違いない。
迫
もし、失敗ポイントを経営者が理解してなかったらどうでしょう。

LPを作ってOKを出して、広告をかけてみて、テストにもお金をかけて10万円くらい消化して。

「あれ、なんかコスト合わないぞ」とかになるわけですよ。

それで改善をしたけど、実は本来の原因とは違うところを直していたりして。

また10万かけてっていうのを3回くらいくり返してやっと、ちょっとずつ結果が出るようになってきて。

「さらに良くするために修正を重ねて…」と繰り返していくと、結局は50万くらいかかっちゃうじゃないですか。

それが、サロンに入って学んでいれば、失敗例がわかるので、同じ失敗をしなくて済むわけです。
つまり、大幅なコストカットができるんですよね。
それって、すごく価値があると思います。

「ここまで添削するの!?」って思うくらい、丁寧な添削や事業相談回答がされてるし、あれだけやってもらえれば、大きな失敗は防げると思います。






※これの倍のボリュームで添削があることも

あいめこ
あいめこ
LPの添削、あれだけ何回もしてくれる機会ないですよね…。

インフルエンサーのオンラインサロンとは少し違う理由は「影響力がなくても戦える事業構築力」にあり

迫
オンラインサロンをやられている方って、インフルエンサーが多いですよね。

「SNSで目立ってインフルエンサーになる」→「オンラインサロンを開く」というのが今までのサロンでした。

それに対して、北原さんは「事業を作って結果を出す」→「その実績を使ってSNSを伸ばす」→「そしてオンラインサロンを作る」といった、事業ありきで影響力もサロンも伸ばしてきた人です。

だから、他のオンラインサロンとは質が圧倒的に違う。

あいめこ
あいめこ
迫さんが、インフルエンサーのサロンについて言及するとは思いませんでした。
迫
悪い意味じゃないですよ。
それで売り上げが立っているのであれば、悪いことじゃないと思うんですよ。

でもインフルエンサーが影響力ゴリ押しでオンラインサロンをやっている場合、それって影響力があるから売り上げが立っているんでしょっていう部分も少なからずあると。

サロンの内容がいいから集客できているというよりは、「影響力があるから集客できている」というパターンのサロンもいくつも見てきました。

そうなった時に、サロンメンバーが事業で成功できるかというと、やっぱり厳しい部分もあるんですよね。

あいめこ
あいめこ
最近インフルエンサーさんの実店舗とか話題によく上がりますよね。
迫
インフルエンサーって、事業を作るときに、良くも悪くも影響力をバリバリ使って、初期のブーストをかけれるんですよね。
ただ、一般の人はそのブーストをかけられないことが多いから、事業構築の際の再現性が下がるわけです。

それに対して北原さんのサロンだったら、広告をこういうふうにテストしていって、リピート率を上げるためにはこういう施策をやっていったら良くて、広告で新規が取れてリピート率が高くなっていけばこけることがないという基礎に忠実なことを教えられているので、これは他のサロンと比べても価値が高いところだと。

あいめこ
あいめこ
私が思うに、北原の精神と時の部屋ってそういう意味でも人にすすめやすいですよね。

インフルエンサーの影響力だけのサロンだと、迫さんがおっしゃるように影響力が事業をうまくいかせている場合が多いし。
でもこのサロンは事業設計に超特化されていて、インフルエンス力が後から付いてきたというイメージなので。

迫
インフルエンス力があることに越したことはないので、付けていくべきだとは思うんですけどね。
なくても戦える事業の作り方を教えられているのがいいですよね。
あいめこ
あいめこ
見方がすごいですね。
迫
北原の精神と時の部屋で学びました!笑
僕もインフルエンサー寄りなところがあるので、組織のマネージメントだったり、広告の運用とかはそんなに強くないんですね。

北原さんは、広告の数値とかを全部出してくれるんですよね。

広告周りがそんなに強くない僕とかは、それを見るだけでも、かなりの学びになると思って。

僕も広告の回収の概念って質問したりするし、こういうふうに考えているんだって勉強になります。
「この広告はこういう理由で、こういうふうな打ち方をしているんです」って回答を教えてくれるので、すごい勉強になっています。

僕の場合、このサロンで一番学んでいるのは広告と、人材マネージメントの部分ですね。

迫さんの事業の立ち上げ0→1から今までの話

あいめこ
あいめこ
迫さんは事業の立ち上げってどうされていましたか?
迫

小さくスタートしましたね。
これはほぼ確実にいけるだろうと思える流れを作って事業をスタートしていきました。

最初に独立したいと思ったときは、プログラミングの勉強をして受託開発の仕事を受けていました。
ホームページを作ったり、iPhoneアプリ開発の依頼を受けたりしていました。

初期コストを抑えて、自分のスキルで戦うことで、食えなくなるリスクを排除した感じです。

そこから徐々に、プログラミング系のことを発信するブログを作って収益化をしたり、プログラミングを教える講座を作ったりと展開していきました。

ここも、適切に広告をかけながら、なるべくコストをかけないような事業構成にしたので失敗するリスクがゼロという形です。

そして、そこで得たお金を、Webサービスの開発費に投入したり、不動産事業を始めたり、飲食店事業をやる際のタネとして使っています。

撤退ラインも決めているので、大きく損することはないように事業設計をしています。

北原さんもサロンで、負けない戦いをしようとか、勝ちが分かる戦をしようと言っていると思うんですけど、まさにそれを、僕もここ4、5年続けてきた感じですね。

僕のスピード感や成長規模を見ると驚かれる人も多いですが、僕としては精神と時の部屋で言われているような商売の原理原則に従い、リスクを抑えて積み上げてきた結果に過ぎないと思っています。

あいめこ
あいめこ
迫さんの本を読むと、迫さんがここ数年どれほど自己投資していらっしゃったのかがわかるのでこのペースの成長なんだと思います。

(迫さんは年間、数百万勉強や情報に投資される)

迫
情報ってすごい価値があると思っていて。
逆に、みんなが価値を感じていないからこそ、知っているだけで勝てるんですよね。

Twitterでもあまり言ってないんですけど、知り合いの飲食店にInstagram広告のノウハウとリピート率を高める策を、1時間くらいご飯を食べながら教えてあげたんですよ。

そして1年後、その知り合いからLINEが来て「うちが繁盛しすぎて、周りの5店舗が潰れました」と言われました。

さすがにびっくりした事例でしたが、「この一人が知識を取りにいったから繁盛させることに成功し、周りの5人は繁盛させる知識がなかったからうまくいかなくなった」という単純なことなんですよね。

みんなが思ってる以上に、知識の有無で結果は大きく変わります。

あいめこ
あいめこ
なるほど。知ってるか知らないかの話ですもんね。
迫
これが普通に、日常生活の中でもあるんですよ。

情報を取りにいかないのは自由なんですけど、それで損することがあってもそもそも損だって気づかないこともあります。

みんながみんな知識に投資するべきだとは僕も言いませんし、知識にお金を使わないのは、日本人の文化としてはしょうがないんですよね。
ただ、サロンメンバーとかはこんなに価値のある情報が月額2万で手に入るんだったらめちゃくちゃお得だってことは理解していると思うし、サロンに参加しているという時点で他の人よりも一つ頭抜けていると思いますよ。

あいめこ
あいめこ
しかも、仲良しサロンのわちゃわちゃ感が皆無なのもいいですよね笑
みんなが真剣に事業に向き合っている。
迫
僕もその空気がすごい好きだな〜。オンラインサロンで仲良しになっちゃうよりは、がちっと事業に特化してるのが好きです。

迫さんからサロンメンバーへのアドバイス
「北原さんと同じように事業を忠実にあのスピード感でやっていれば、99.9%うまくいく」

あいめこ
あいめこ
迫さんが今現在、北原の精神と時の部屋に入っていらっしゃる方にアドバイスするとしたら、どんなアドバイスをしますか?
迫
あのコミュティを見ていて「自分って質問してもいいのかな」と思ってる人、結構多いと思うんですよね。

北原さんは事業に対しては、これは違うという部分にスパッと指摘を入れるんですけど、根はすごく優しい方です。
根底の理念として、お金をいただいているからにはそれ以上のものを返そうっていうマインドがある方なので、質問があったら軽い気持ちでしてみるのがいいと思います。

これを北原さんに聞いていいのかなって思うことがあっても、基本的に質問すべしです。

あいめこ
あいめこ
聞いていいのかなって思うのは結構あるかもしれない。
参加者のレベルも高いので…。
迫
僕も教育系の事業をやっていると、「これを迫さんに聞いていいのかな」って実際に言われたことがあるんですよ。
「全然聞いてもらっていいですよ」って言うんですけどね。

質問することでコミュティメンバーさんの勉強になると思いますし、「しょうもない質問かな?」と思っていても、同じ疑問を持ってる人って実はすごく多いんですよ。

なので、どんどんコミュニティーを動かしていってほしいと思います。

あとは、北原さんのサロンのコンテンツと日々のやりとりを見ながら、事業を忠実にあのスピード感でやっていれば、99.9%うまくいくと思うので。

あいめこ
あいめこ
あのスピード感…!ずっと動いてるあのスピード…!!!!
迫
北原さんがこの規模になってもあれだけやっているということは、立ち上げ時はその数倍やっていると思うんですよね。

ということは、今の北原さんくらいのレベルのことはやらないと。最低限ね。

あいめこ
あいめこ
最低限…!!
迫
事業者って、みんな抱えている問題の本質は一緒なんですよ。

「事業を立ち上げる段階の人はこういうことに悩んでいる」→「基盤ができてくるとスケールする際にこういう悩みが出てくる」→「勢いがついてきたらこういう悩みが出る」と、段階に応じて、みんな同じような悩みを抱えます。

北原さんは、そういう悩みを越えてきた結果として、今の店舗数にまでなっているわけです。

何もない人が一から事業を作っていく上での悩みっていうのを全部把握されていて、それをうまく体系化して伝えられるのが北原さんですよね。

普通の経営者って、聞いても面倒くさがって教えてくれないんですが、北原さんは聞けばちゃんと丁寧に教えてくれるのがいいですよね。

流れてくる内容をいかに自分のものにするかはその人次第ですけど、やる気と学ぶ意欲があれば、普通に成長できるサロンだと思います。

まとめ

迫さんの著書も持っていますし、大ファンのあいめこですが、迫さんのイメージが少し変わったインタビューでした。

迫さんに「迫さんはたくさん新規事業をされていますが、何か目標とかあるんですか?どうしてそこまで頑張るんですか?」とお伺いしたところ

「事業をスケールさせていきたいというのと、ただフォロワーが多いだけの人で終わりたくないんですよね。もっと社会にインパクトを与えていきたい」とおっしゃっていて、ちょっとびっくりしました。

迫さんといえば欲の部分が伝わってきにくいインフルエンサーの方だと思っていたのですが、「こうはなりたくない」「こうなりたい」という気持ちを原動力にされているんだと。
少し親近感と言いますか。

また、どうしてそんなに頑張り続けられるのかについては

迫
がんばれば世の中にいる10万人を変えられる能力があったとしたときに、まだ1万人しか救ってなかったら、もっとがんばろうって思いますよね。

もし、さらにもうちょっとがんばれば100万人を救える能力が手に入るとしたら、がんばるじゃないですか。

僕、そんな感じです。

とおっしゃってるのも「かあっこええ!!」と思わず叫びました。

迫さんも北原さんも共通するのは尋常じゃない行動力。

行動力が、その人に後から影響力をつけていくんだと改めて実感しました。

 

迫さんTwitter
https://twitter.com/yuki_99_s

迫さん著書
https://www.amazon.co.jp/人生攻略ロードマップ-「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略-迫-佑樹/dp/4046048603

北原の精神と時の部屋
参加方法

参加をご希望の方は、利用規約に同意のうえ、下記のボタンより、サポート専用の公式LINEアカウントまでお問い合わせください。

▼参加申し込みはコチラ▼

\参加者 1100人突破!/
LINEで問い合わせる

<参加者の感想はこちら>

*業種、業界関係なく自由にご参加いただけます
*たとえ同業者であっても問題ございません
*安心してお問い合わせください