凡人と言い切る人気ブロガーの、人に愛される秘訣「反論しない・たくさん与える」


こんにちは!インタビュアーあいめこです。

今回の「北原の精神と時の部屋」のメンバー様インタビューは、私も大好きな人気ブロガーのヒトデさんにお話をうかがいました!

ヒトデさんは「ヒトデブログ」や「今日は社畜祭りだぞ!」などの人気ブログを多数運営されているブロガーさんです。

ブログ以外にもさまざまな事業で成果を出されているにも関わらず「自分は凡人です」と言い切るヒトデさん。

そんなヒトデさんのビジネスと人生の向き合い方、また、愛されるブロガーの秘密についても貴重な話をおうかがいしております。

ヒトデさんのお話しを聞けば聞くほど、人に愛されたり、応援されたりするためにはどうすべきなのかということを学ぶことができました。

ブログだけじゃない!さまざまな事業運営をされているヒトデさん

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんは現在どんなことをされているのですか?
ヒトデ
ヒトデ
『今日はヒトデ祭りだぞ!』や『今日は社畜祭りだぞ!』っていう転職ブログと『最高の一品』っていうブログなど複数運営しています。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさんといえばブログってイメージですよね。
ヒトデ
ヒトデ
そうかもしれませんね。

それ以外だとYouTubeですね。
『ヒトデせいやチャンネル』っていう、相方のせいやと一緒にやっているのが登録者12万人くらいで、内容は主にビジネス系の発信ですね。

あと、他に公開をしていないんですけど、クローズドで6個くらいYouTubeをやっています。
まだ伸ばしている段階で、一番うまくいっているチャンネルで登録3.5万人くらいです。

あいめこ
あいめこ
クローズドでYouTubeもされていたんですね!知らなかった。
ヒトデ
ヒトデ
他にも名古屋でコワーキングスペース『ABCスペース』というのをやっています。
あとは、『ABCオンライン』っていうブロガー向けのオンラインサロンをやっていて、その参加者がざっくり1300人くらいいますね。

他には、本とかも書かせてもらっています。『凡人くんの人生革命』とか、『「ゆる副業」のはじめかた』とか。

あとは、頼まれてコンサルもどきみたいなことをしたりとかっていう。これくらいですね。

あいめこ
あいめこ
これくらい・・・。

ヒトデさんがされていることってかなり多いんですけど、その中で一番、力を入れていらっしゃるのはどれですか。

ヒトデ
ヒトデ
売り上げで言ったら、ブログが圧倒的に大きいですね。

ただ、ブログは半放置みたいな感じになっているので、時間で言ったら最近はYouTubeチャンネルですね。
と言っても、1日1時間とか2時間とか、それくらい。

あいめこ
あいめこ
YouTubeに1日1時間、2時間を当てていると。
ブログも合わせると、どのくらいですか。
ヒトデ
ヒトデ
全部だと、3時間くらいですかね。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさんってブログのイメージが強いと思うのですが、いろいろ事業をされてるんですね。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。意外とやっていますね。
あいめこ
あいめこ
その中で、一番楽しいのは何ですか。
ヒトデ
ヒトデ
その中だと、やっぱりブログが一番好きです。
ブログがあったうえで、他のこともやれるというのが楽しいですね。

ヒトデさんから見て北原さんは「面白い」

あいめこ
あいめこ
『北原の精神と時の部屋』にあまりブロガーさんっていらっしゃらないのかなと思っていたんですけど、参加されるきっかけは何でしたか?
ヒトデ
ヒトデ
北原さんとは以前に愛知県のアフィリエイターさんの集まりの場でお話しさせていただくことがあったんです。

そのときに、北原さんってすごく面白い!と思ったんですよ。

面白い方の発信がより近い距離で聞けるっていうのが、参加をした一番の理由ですね。
発信内容自体というより、北原さん本人に興味があって参加をしたっていう感じですね。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんが北原さんを面白いと思うところは、どういうところですか。
ヒトデ
ヒトデ
圧倒的にやり続けてるところです。

ブロガーさんって僕も含めて、止まる人が多いんですよ。
ある程度やって、月100万稼いで満足するとかあるあるです。
北原さんにはそれがないっていうのが面白いですね。

あと、事業と関係ないところで初めて会ったとき覚えているのが『BLUE GIANT』の話をしたことです。
漫画なんですが、あいめこさん知ってます?

あいめこ
あいめこ
あの〜・・ジャズの漫画ですか?

(画像引用元:小学館 ビッグコミック連載『BLUE GIANT EXPLORER』公式サイト
https://bluegiant.jp/

ヒトデ
ヒトデ
そう、それです。
北原さんは僕としゃべっているときに30回くらい、その話をされるんですよ。「本当にいいんですよ!」って。

すごいんですよ、伝える熱量が。
それまでビジネスの話をしてたんですけど、『BLUE GIANT』も同じ熱量で話してて。
僕、その場で全巻買ったんですよね。(笑)

あいめこ
あいめこ
全巻買ってしまうほどの熱量。すごい。
ヒトデ
ヒトデ
すごく覚えています。
紙でも買って、Kindleでも買うといいですよって言ってて。

「僕はiPhoneじゃなくて『BLUEGIANT』を持ち歩いてるんです」って言ってたのを覚えています。(笑)

(この後、ヒトデさんはどハマりして作中に登場するライブハウス、NYのブルーノートに行ったらしい・・)

北原の精神と時の部屋メンバーからの質問へ全回答対応に衝撃

あいめこ
あいめこ
北原の精神と時の部屋に入られて、ヒトデさんがここが良かったとか、ここが特に学びになったと思われたのは、どういうところですか。
ヒトデ
ヒトデ
コンセプトで「1年で5年分の学びと視座を」というのがあるんですが、その通りたっぷり学ぶことができます。

特に僕がすごいと思うのは北原さんのビジネスにおける行動が一つ一つちゃんとつながっていて、「そこまで考えるの!?」って思うくらい全てにつながりがあるのが、すごく新鮮でした。

あいめこ
あいめこ
例えば、どんなことでしょうか。
ヒトデ
ヒトデ
例えば、フォロワーとか売上とか何かを増やす方法を一つとっても最後にゴールがあって、回していくための考えがあって、戦略があって、みたいな。

そこまでちゃんと細かく考えて、大きな枠組みで見ているんだなっていうのがすごいと思います。

Twitterでもフォロワー増やすぞっていう人は多いじゃないですか。
はたから見たらやってることはそんなに変わらないんですけど、実際にその細かな考えや内情を知ると全く違うのでとても新鮮です。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんもオンラインサロンをされていますけど、ABCオンラインと北原の精神と時の部屋で違いって何かありますか。
ヒトデ
ヒトデ
すごいと思うのは、北原さんってメンバーさんからの質問に全部回答するじゃないですか。

あれが、僕は自分のサロンじゃできないんですよ。

全てに回答するってすごく消耗しちゃいますし、大変っていうのがあるんですけど、北原さんはそれを仕組みで回してるじゃないですか。
そこに違いを感じます。

あいめこ
あいめこ
毎回ひとつひとつ全て丁寧に答えられてますよね。
確かにそれってすごいことですよね。
ヒトデ
ヒトデ
それを初めて見たときに、これは絶対に続かない、無理だろ・・って思ったんですよね。
僕も実際にサロンを始めるときに人の相談とか全部答えてたんです。

だけど、想像以上にすごく大変でした。
全部に全力投球で返すっていうのは、絶対に無理じゃんって思って見ていました。

でも、自分が無理だと思ったことを北原さんは仕組み化されていて衝撃を受けました。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんのイメージなんですけど、ヒトデさんってあまりビジネスのことについてTwitterで触れられないじゃないですか。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
あいめこ
あいめこ
ブログのことは話すけど、あまりビジネスのお話はされないのに今回のインタビューを受けてくださったことが私は意外で。

それだけ、北原さんのビジネスとか考え方を好きでいらっしゃるのかなと感じました。

ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
北原の精神と時の部屋に入る入り口は、北原さん面白いなっていうところでした。

でも、入ってみたら本当にビジネスの面でも面白くていろいろな衝撃を受けました。

あまりTwitterではツイートとかはしてないんですけど、でもすごくいいサロンだなって思います。

あいめこ
あいめこ
北原の精神と時の部屋はこんな人におすすめですっていうのはありますか。
ヒトデ
ヒトデ
まずはビジネスをやっていて、かつ、伸び悩んでいる人じゃないですかね。

ある程度はいったけど、ここからどうしよう、みたいな人にはめちゃくちゃ学びがあると思います。

北原の精神と時の部屋の資料室を見て、何もいいものなかったって人は多分、いないですよ。
ある程度、事業をやっている人におすすめしたいですね。

試行錯誤しながらブログ運営していた会社員時代

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんご自身についておうかがいしたいんですけど、『凡人くんの人生革命』にもありましたが、ゼロイチってどのようにされてましたか。
ヒトデ
ヒトデ
僕の場合は、はじめはブログでした。
最初はブログをお金を稼ぐ目的で始めてなくて、ただ楽しくてやっていたんですね。

途中くらいからブログを運営することでお金が稼げると分かって、収益目的に切り替えていったという感じなんですね。

あいめこ
あいめこ
最初は純粋にブログ運営を楽しまれていたんですね。
ヒトデ
ヒトデ
そうなんです。
収益目的に切り替えてからは課題を1個ずつ潰していくという感じでした。

はじめはPVだけを集めてたんです。
よく驚かれますが、僕のブログは月に50万人の人が見に来るのに、収益が5万円だったんですよ。(笑)

あいめこ
あいめこ
それは意外すぎる!
ヒトデ
ヒトデ
普通はあり得ないと思うんですよね。
当時はとにかくPVが増えればいいんだと思っていました。

100万PVにすれば10万円になるじゃんと思ってたんです。

あいめこ
あいめこ
なるほど。たしかにそうです。
ヒトデ
ヒトデ
それと当時はアドセンスしか使っていませんでした。

アフィリエイトというものに手を出してからも20万円とかで頭打ちしてしまって、これは多分売ってるものの単価が低いんだと気づいたんです。

もともとは1件30円とかの単価だったものを、徐々に1件500円とか1000円に増やしていき、だんだん、20万、50万、100万と稼げるようになっていきました。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさん、ブログ何年目でしたっけ・・。
ヒトデ
ヒトデ
今は6年ですかね。
あいめこ
あいめこ
以前は、会社員をされていましたよね。
ヒトデ
ヒトデ
そうです。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさんが会社員を辞められるきっかけは、なんだったんですか。
ヒトデ
ヒトデ
もともと、会社を辞めたいって気持ちはすごくあったんですよ。
ブログでもしかしたら辞めれるかもしれないとは考えていました。

当時、信用している5人の知人に相談したんですけど、5人全員に「今すぐ会社辞めろ」って言われて。
まだ会社員だったの?みたいに言う人もいて・・・それがきっかけですかね。

あいめこ
あいめこ
お知り合いの後押しもあってのことだったんですね。
ブログを長く続けられる理由は、何かありますか。
ヒトデ
ヒトデ
僕は飽き性なので新しいブログを始めたり、誰かと別のことを一緒にやったり、いろいろと飛び飛びで違うことをやっているんですよね。

ヒトデ祭りがマンネリしてきたと思ったから、外注を使って社畜祭りっていうサイトを作ってみようとか。
それをしばらくやっていると、またヒトデ祭りを書きたくなってきたなとか。

そういう感じで、ちょっとずつ活動も広がっていく感じでしたね。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんは、ゆるく長く続けられているっていうイメージがあるんですよ。
キャラもあるんですけど、ゆるめですよね。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。あまりガチじゃないと思いますね。(笑)

ヒトデさんが愛される理由「悪口を言わず、与えること」

あいめこ
あいめこ
私が個人的にヒトデさんにめちゃくちゃ聞きたいことがあって・・・
ヒトデ
ヒトデ
お、なんでしょう。
あいめこ
あいめこ
私、ヒトデさんはファンが日本一多いブロガーさんだと思っています。
ヒトデさんの周りの人ってヒトデさんのことが大好きで、すごく応援しているイメージがすごくあるんですよ。

自分では言いづらいかもしれないですけど、ヒトデさんはどうして自分がそこまで愛されるんだと思いますか?

ヒトデ
ヒトデ
自分が愛される理由、愛されキャラについてか・・・
言ったらイメージ落ちそう。(笑)
あいめこ
あいめこ
愛されることって仕事においても人生においても絶対に必要だと思うんです。
応援されないとうまく進まないし、周りを巻き込んだほうがスタートダッシュが早いですよね。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
まず、意識しているのは、個人の悪口を言わない。
あいめこ
あいめこ
大事!私もこれ気をつけてます!
ヒトデ
ヒトデ
自分に注目してくれる人が増えれば増えるほど、色々な人が沸いてきますよね。
だけど、反論はしないようにしてます。
あいめこ
あいめこ
アンチが来ても、一切?
ヒトデ
ヒトデ
一切、しないですね。
よっぽどひどかったら、スクショして出すくらいはすると思うんですけど。
基本的にはしないですね。
あいめこ
あいめこ
それを決めているのは、何か理由があるんですか。
ヒトデ
ヒトデ
高校生くらいの時、2ちゃんねらーだったんですよ。
そこで日々、レスバトルをしてたんですね。

「これが好きとか言ってるやつ雑魚w」みたいなこと言い合ってて。(笑)

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんにそんな時代があったんですね。
ヒトデ
ヒトデ
そう、それを2年、3年やってたんですけど、これってなんの意味もないことだなってと思ったんですよ。

インターネット上の喧嘩って本当に何も生まないなって感じています。

もともとブログも、はてなブログっていうところで記事を書いていたんですけど、まとめ記事みたいな所でめちゃくちゃ悪口を言われるんですよ。
「こんなクソ記事あげんなよ」みたいな。

あいめこ
あいめこ
腹は立たないんですか。
ヒトデ
ヒトデ
めっちゃむかつくんですよ。

それに対して反論し合う文化みたいなものもあったんですけど、そういうのを「ああ、あの頃のVIPだ」と思ってしまって。
不毛なんだからこういう人とやり合ってもしょうがないと。

あいめこ
あいめこ
なるほど、そんなことが。
ヒトデ
ヒトデ
あと、喧嘩してもいいことないですよね。

喧嘩して相手を言い負かして100パーセント勝ったとしても、向こうは根に持つじゃないですか。

そうすると結局、後から何かしらの方法で足を引っ張ってくることとかもあるので、取りあえずは反論しないようにしています。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんが人に愛される秘訣が聞けましたね。
ヒトデ
ヒトデ
あとは、できないことや分からないことを知ったかぶりしないようにしています。

できません、分かりません、教えてくださいっていうスタンスですね。

あいめこ
あいめこ
なかなか言えないですよね。できません、助けてくださいって。
ヒトデ
ヒトデ
頼られることがうれしい人もいますし、自分が得意じゃない分野は得意な人に任せたほうがいいねって考えですね。

「僕はこれをできないので助けてくれませんか」って遠慮せず頼るスタンスです。そういうのは意識しています。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんって絶対に自分を大きく見せない人だと思っていて。
できないことをすぐできませんって、早めに言われるし。
ヒトデ
ヒトデ
そうなんですよ。すぐ言いますね。
あいめこ
あいめこ
こんなに稼いでいらっしゃるのに、横暴な態度は絶対に取らないし、どこまでも優しく柔らかい雰囲気ですよね。
ヒトデ
ヒトデ
今の自分は周りの人のおかげ、みたいなところがあって、これは謙遜ではないんですよね。
実際、僕に何ができるかと言われるとブログを書くことくらいなんですよ。

他は何もできないので、じゃあどうするかというと、他の人の力を借りるしかないんですよね、逆に、向こうが困っているんだったら積極的に手を貸す意識はしています。

あいめこ
あいめこ
ギブアンドテイクですね。
ヒトデ
ヒトデ
基本、与えるスタンスっていうのは大事だと思っています。

それこそ、ある程度うまくいっているというか、ちゃんとやっている人ってみんなそのスタンスですよね。

あいめこ
あいめこ
確かに。
ヒトデ
ヒトデ
尊敬する人たちもみんなそうしてるっていうのもありますね。

ただ、もらって当たり前みたいな人に与え続けるとかは、あまり良くないなと思っているんですけど。

自分が仲良くなりたいと思う人がいたら、できるだけ与えようというのは意識しています。

あいめこ
あいめこ
例えば、ヒトデさんのノウハウとか経験とかを共有するということですか。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
僕の場合だとブログでうまくいっているので、ブログ関係の情報提供とかですね。

最近だと、YouTubeも新規立ち上げでうまくいったりもしているので、YouTubeを伸ばしたい人からすると、その話がすごい価値があったりするかなと。

これは若干、裏技ですけど、Twitterでリツイートしますよとか。
昔だとブログからリンク送りますよとか。

あいめこ
あいめこ
いわゆる、ヒトデ砲ですね。
ヒトデ
ヒトデ
その方からしたらすごい価値があることだとしても、僕からしたら2クリックじゃないですか。コピペで終わりなんですよね。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさんって初心者ブロガーをめちゃくちゃ助けてますよね。
かなり与えられているイメージあります。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
あと、会う人にはできるだけ、興味を持とうっていうのはすごく意識していて。
せっかく会うんだから、なんとなく会ってもしょうがないというか。

この人どんな人なのかなっていうのを事前に調べるんですよ。
例えば、Twitterもめっちゃさかのぼりますし、その人の発信とかブログとかあったら全部見ますし、YouTubeも見ます。

それをやっていくと発信者目線で、なんでこんなことをしてるんだろうとか、これはどういうことなんだろうって疑問が出てくるので。

その前提で会いに行くと、すごく楽しいんですよね。
僕自身が楽しいっていうのがまずあって、相手も知ってもらえてうれしいっていう気持ちがあるので、それで円滑にいっているのかなって思います。

あいめこ
あいめこ
興味を持つ前に準備するっていう考え方ですよね。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
お察しかと思いますが、アドリブでしゃべるのめっちゃ下手なんですよ。

原稿を探しながら。事前の情報がないとうまく話せないと思うので。
質問されても戸惑っちゃうので。
そういう意味で、事前の準備はすごくしてますね。

あいめこ
あいめこ
私もTwitter見るかもしれないですね。緊張しいなんで。
ヒトデ
ヒトデ
そうなんですよ。なんかネタをね。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさん自身も意識して与えたり、こういうことはやめようっていうのを日頃から気を付けていらっしゃるからこその愛されキャラなのですね。
ヒトデ
ヒトデ
特別キャラを作っているとかではないと思うんですけど、基本の部分として悪口を言わなくて、たくさん与えていたらそんなに嫌われないって感じです!

凡人ヒトデさんが求めるものは「人生の楽しさ」

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんは自分が凡人だと言い切っていらっしゃいますよね。

個人的にはもうちょっと稼いでる感じを出してもいいのではと思うのです。
本当に凡人だと、自分で思っていらっしゃいますか。

ヒトデ
ヒトデ
思ってますね。
逆に、みんなすごいなって思います。

もともと頭もすごい悪いですし、学生時代はテニスをやってたんですけど、地区大会2回戦に行ったことがないですね。
1回戦負けですね。めちゃくちゃ凡人です。

あいめこ
あいめこ
すごい努力されたっていうことはないんですか。
ヒトデ
ヒトデ
ブログをやっているときは、ずっとブログを書いていたので。
努力と言われれば努力ですね。
あいめこ
あいめこ
ずっとブログを書き続けるんだったら、かなりの努力家なんじゃないかなって思うんですけど。
ヒトデ
ヒトデ
これは一つ、意識していることがあって、楽しくないと絶対に駄目だよねって思っています。

特に、僕はめちゃくちゃお金を稼ぎたいっていうタイプではないので、お金だけがモチベーションだと続けられないんです。

高単価の案件のものをやろうと思ったこともあったんです。
でも、全然楽しくなくて、記事も全然完成しないし、こんなのやってもしょうがないじゃんってなりました。

それからは、自分の好きなジャンルだけでやるようにしています。

あいめこ
あいめこ
好きなことをやって成果を出していらっしゃる。
それってすごいことですよね。
ヒトデ
ヒトデ
すごいというか、楽しくないと続けられないんですよね。
あいめこ
あいめこ
この話の流れでお聞きします。
ヒトデさんと言えばFIREじゃないですか。ずばりFIREとは。
ヒトデ
ヒトデ
簡単に言うと、会社を早く辞めて経済的自立をしようという最近のムーブメントですね。
アーリーリタイアとか、セミリタイアとか。
あいめこ
あいめこ
ヒトデさんは、FIREをされているんですか。
ヒトデ
ヒトデ
一応、FIREをしている状態ですね。
でも、ブログやYouTubeチャンネルとかやったりしているんで、いわゆる、サイドFIREってやつですね。

完全リタイアではなくて、FIREできる資産を作って、ある程度不労所得で生活できる状態にした後で、空いた時間に好きなことをして働こう、みたいな感じです。

あいめこ
あいめこ
FIREしたい人たくさんいるじゃないですか。
実際楽しいですか。
ヒトデ
ヒトデ
楽しいですね。FIREして後悔とかは全然ないです。
FIREしてるといっても、働いてるんで。
嫌なことをやらなくてもいいっていうだけですね。

これはストレスかかりそうだからいいや、この仕事は楽しそうだからやろうって選択できるのがFIREのポイントだと思います。

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんは仕事に対して、楽しさを求めていらっしゃるのが伝わります。
人生は楽しさですか。
ヒトデ
ヒトデ
そうですね。
本当にそう思っています。
あいめこ
あいめこ
楽しくないと、仕事も進まないですよね。
ヒトデ
ヒトデ
そう思いますね〜。

(豪華クルーズで98日間の世界一周旅行をされたヒトデさん)

あいめこ
あいめこ
ヒトデさんの今後の目標であったり、どんな仕事をしていきたいとかはありますか?
ヒトデ
ヒトデ
もともと、お金を稼ぎたかった理由が当時の会社がすごく嫌だったっていうのもあったんです。
とにかく自由になりたいんだって思ったんですね。

ただ、自由になるためにはどうしたらいいんだろうって考えたときに、お金があることだったんです。
今それをある程度達成できたってときに、さらにお金を求めるのか?っていう疑問が自分の中にはあります。

今後の展望としては、より楽しい人生を送るためにどうすればいいのかなって考えているところです。

あいめこ
あいめこ
より楽しい人生ですか・・・
ヒトデ
ヒトデ
結局、楽しい人生を送るっていうものの一つとして、楽しくビジネスをするっていうのが入ってくると思うんですね。

なので、難しい問題を攻略したりとか、なにかでスコア的にいい点を取るのも楽しいですし、そういうのは継続していきたいですね。

1人でってなるとなかなか動かないので、いろいろな人と会ったりしながら、その人たちと一緒に何かやっていけたらいいなって思ってます。

あいめこ
あいめこ
じゃあ今後、誰かとどんなことをしてみたいですか?
ヒトデ
ヒトデ
そのときどきで、これをやろうっていうのは決まってないんですよね。
ここ2、3年くらいで新しくやったことって全部、誰かが言い出したことなんです。

リベラルアーツ大学の本づくりに携わらせていただいたときも、両さん(リベ大学長)から誘われたんですよ。
YouTubeも年始にゴロゴロしてたら、せいやにYouTubeやろうって言われたから始めました。

書籍も、オファーが来たから書いたし、なかじさんっていうアフィリエイターさんと飲み会をしたときに、コワーキングって楽しくないですか?って言われたから、ABCスペースを作ることになったし。

あいめこ
あいめこ
それも、ヒトデさんが周りの人に愛されているから、すごく誠実でいい人たちが集まって、楽しく仕事ができるように進んでいるんだと思います。
ヒトデ
ヒトデ
周りの人に恵まれていると思います。
あいめこ
あいめこ
愛されるヒトデさんだからこそだと思います。
ヒトデ
ヒトデ
ほんとうにありがたいです。
あいめこ
あいめこ
あと、茶太郎もかわいいし。
ヒトデ
ヒトデ
茶太郎もかわいいし。あ、うちの猫です。

(ヒトデさんの愛猫 茶太郎くん)

まとめ

自分は凡人だと言い切る、お人柄の良さや柔らかい空気感で人を引き付ける魅力的なヒトデさん。
今回の穏やかなインタビューを通して、ヒトデさんのビジネスの考え方や、なぜヒトデさんがここまで愛されるのか、その秘訣、人生観について知ることができました。

特に愛される秘訣の部分が印象に残っていて、実際にインタビューを見にきていただけた方は、ヒトデさんの優しい穏やかでナチュラルな雰囲気に全員がファンになったはず。

人に愛されるヒトデさんだからこそ、いろいろな方々からお声がかかり、幅広いジャンル、多数の事業で成果を出されているということも納得ですね。

ヒトデさんのブログやYouTube、書籍では、ビジネスはもちろんいろいろな始め方に関する情報を発信されています。

もし、ブログをやってみたい、始めてみたい人がいらっしゃったらぜひヒトデさんのコンテンツをチェックしてみてくださいね。

ヒトデさんのTwitter
https://twitter.com/hitodeblog?lang=ja

ヒトデさんのブログ
「ヒトデブログ」
https://hitodeblog.com/

「今日はヒトデ祭りだぞ!」
https://www.hitode-festival.com/

「今日は社畜祭りだぞ!」
https://shachiku-festival.com/

「最高の一品」
https://saikouno-ippin.com/

ヒトデさんとせいやさんのYouTube「ヒトデせいやチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCQAJlnmzlQGhDmjiSx8FH4Q

コワーキングスペース
ABCスペース
https://abc-space.jp/

ヒトデさんの書籍
嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命
https://amzn.to/3j9JMDV

「ゆる副業」のはじめかた アフィリエイトブログ スキマ時間で自分の「好き」をお金に変える!
https://amzn.to/3n7qLmW