「成果を”掴めない人”の共通点」

このLINEに登録をしていただいた際、「アンケート」をお願いしたことを覚えていらっしゃいますか?

いただいた回答に全て目を通させていただき、みなさまのお悩みには大きく3つの傾向があることが分かりました。

それがこちらです。

  1. 売り上げが上がらない
  2. スタッフが定着しない
  3. 積み上がらない事業モデルになっている

具体的には、

「集客の方法が分からない」
「プロダクトの作り方が分からない」
「0→1のフェーズでつまずいている」
「単価が怖くて上げられない」
「リピートされず新規集客に奔走してばかりいる」
「離職が止まらない」
「求人がとれずスケールさせられない」
「売り切り型の商品しかなく収入が安定しない」
「売り上げが上がれば上がるほど忙しくなってしまう」・・・・・・、

これらの悩みや課題にぶつかってしまうのには明確な原因があります。

この原因を理解できないと、ひとつを解決しても、またすぐに次の課題にぶつかり、いつまで経っても悩みのループから抜け出すことはできません。

成果を”掴めない人”の共通点

これまで1000人以上の事業相談にお応えしてきた僕の経験から考えると、行動し続けているにも関わらず現状が変わらない人には、3つの共通点があります。

①「視座」が低い

まず、みなさん共通して「視座」が低いです。

僕がいつも繰り返しお伝えしていることですね。

巷には、即効性のあるような「スキル」や「ノウハウ」がたくさん溢れています。

しかし、甘い言葉に誘われて、どれだけそれらを身につけたところで、「どう使うのか」が分からなければ、何の意味もありません。

その「何をどこでどう使って戦うか」を見極める力が「視座」です。

高い視座から事業全体を見渡せば「こうすればこうなる」がおのずと分かります。

もし、今、「頑張っているのに成果がでない」としたら、低い視座から、闇雲に行動してしまっているのでしょう。

努力は報われる、という言葉がありますが、僕はそうは思いません。

本当に努力が報われるのであれば、すべての人の夢は叶っています。

でも現実は違いますよね。

単なる努力ではなく、目的や課題に対して「正しい努力」をして、はじめて成果につながるのです。

「こんなに努力しているのに、なんで成果が出ないんだろう」

その答えが「視座」です。

本当なら、もっと苦しくない戦い方で、頑張らなくても確実に成果を出せるはずなんです。

僕のLINEをここまで読んでくださるほど熱心なあなたには、その力が十分にあると、僕は思います。

②「設計」ができていない

そして、そもそもの「設計」から間違えていることがほとんどです。

「設計」とは、「こうすればこうなる」というセットアップのこと。

僕は、事業は「設計」で全て決まると考えています。

たとえば「収入が安定しない」というお悩みがあるとしたら、「収入が安定しない”設計”」にはじめからなってしまっているんです。

離職についても全く同じです。「スタッフが離れてしまう」という場合、「スタッフが離れてしまう“設計”」にそもそもなっています。

僕が、全国169店舗以上の美容室や、年商8億円の通販サイトを、たった本部3人で運営できているのは、自動的にそうなるように、最初から設計していたからです。

とはいえ、今すでに悩んでいるという人も、手遅れではありません。

表面的な課題の火消しに奔走するのではなく、根本的な設定から大きく見直しましょう。

そうすれば、

売上を「上げる」のではなく「上がる」。
人材を「集める」のではなく「集まる」。
お金を「貯める」のではなく「貯まる」。

こんな夢のようなことが当たり前になりますから。

③「壁打ち」をしていない

そして「壁打ち」していますか?

「壁打ち」は、思考の整理や、言語化に欠かせないアクションです。

僕は、「棚卸し勉強会」を6年以上続け、仲間との「壁打ち」を習慣にしています。

そのたびに、思考が言語化され、問題点が整理でき、ビジネスを加速させることができました。

とにかくあなたのビジネスプランや、思考を言葉にし、誰かに聞いてもらってください。

時には、「そんなの無理だよ」「失敗したらどうするの?」と言われることもあるかもしれません。

厳しい言葉を浴びることもあるでしょう。

でも、それをノイズととらえて遮断してはいけません。

僕も、美容室を全国展開すると言ったとき、たくさんの人から「出来るが訳ない」と言われました。

でも、そのおかげで「こういうリスクもあるかもしれない」「こんな課題にぶつかるかもしれない」と先回りして考え、備えることができたんです。

そう考えると、壊れない強い事業づくりのルーツは、「壁打ち」にあると言っても過言ではありません。

壁打ちの相手はあなたより高い視座を持っている相手が望ましいです。

たくさんの人と「壁打ち」をして、いろんな声を正面から受け止めてください。

「北原の精神と時の部屋」には全てが揃っています

ここまで、あなたの事業課題の解決策として

  1. 「視座」を高める
  2. 「設計」の見直し
  3. 「壁打ち」をする

をお伝えしました。

「理解はできたけど、実践できる場所がない・・・・・・」と思われた方へ、ご安心ください。

それらが全て揃っているのが「北原の精神と時の部屋」です。

コミュニティには、あなたが成果を掴むために必要な

  • 「オンライン資料室」(メンバーサイト)
  • 「グループチャット」(BAND)
  • 各種イベント

の3つのメインコンテンツが揃っています。

北原の高い視座に毎日浴びるように触れ、北原と直接壁打ちし、北原にチャットで質問相談しながら、着実に事業づくりを押し進められるのが、「北原の精神と時の部屋」です。

今日は熱が入って、少し長くなってしまったので、明日から、これら3つのメインコンテンツの詳細と、その活用方法について、お伝えしていきますね。

最後に

「北原の精神と時の部屋」に参加をご希望の方は、「北原の精神と時の部屋」カスタマーサポートLINEまで【参加希望】とメッセージをください。

事務局より、決済フォームをお送りいたします。

本日も読んでくださり、ありがとうございました^^

LINEでメッセージを送る