積み上がる事業を構築する 北原の事業相談会

北原の精神と時の部屋の「北原の事業相談会」は、各種イベント

  • 異常値セミナー
  • 時の部屋メンバー公開取材
  • 人生を変える本気のBBQ

などを通じて引き出した異常値性を、設計に落とし込むための事業相談会です。

オンライン、オフラインの2軸で開催しており、参加者それぞれの課題に対して「必要な設計」さらにその設計を実行するための「アクションプランの策定」まで、北原と一緒に考えることができます。

  • 思いつく限りの行動はしているけど思うような成果が出ない
  • 手離れできない、自動化できない
  • スケールしない、伸び悩んでいる
  • 売切り型の設計に危機感を覚えている
  • 離職が続き三歩進んで二歩下がるを繰り返している

このような悩みを抱えている方は、そもそも設計から間違っているか、決めた行動をやり切れていないケースがほとんどです。

原理原則に則った設計になっていないと、本来積み上がるものも積み上がっていきません。

行動導線上で持続可能な設計になっていないと、無理が生じ実務に弊害をもたらしてしまうのです。

あなたが生み出す異常値性を積み上げ、最小工数で最大の成果を掴むために、事業を見直し再設計しましょう。

成果を掴むためのルーティン

  • 美容室Dears グループ年商40億
  • 通販サイト 年商7億
  • オンライン勉強グループ 年商2億

僕の事業はいずれも伸び続けていますが、何か特別なことをしているわけではありません。

なるべくしてなっていると言ってもよいでしょう。

積み上げる前から積み上がるように設計し、アクションプランをやり切るために毎日を本気で積み上げているので、当然の結果です。

確実に成果を掴み取るためのルーティンは決まっています。

  1. 本気のスイッチを入れる
  2. 積み上がる形に設計する
  3. アクションプランに落とし込む
  4. 定期的に評価する
  5. 軌道修正/続行

僕もこのルーティンをかれこれ6年ほど続けています。

そして「棚卸し勉強会」という形で6ヶ月に一度、事業の進捗と課題を発表し、また次の発表までに一心不乱に走り続ける。

いいですか?

行動しないと、何もはじまらない。
設計しないと、積み上がらない。
タスクに落とさないと、続けられない。
定期的に評価しないと、課題が見えない。

反対に、これらのことをやれば、どこかのタイミングで必ず成果は出ます。

楽(ラク)しようなんてこれっぽっちも思っていない。
泥臭く汗まみれになって、ひとつひとつ必死に掴み取りにいっています。

これが、確実に成果を掴むための習慣です。

「本気のBBQ」→「事業相談会」の一連のイベントを通じて、このルーティンをあなたにもトレースしていただきます。

成果が出るレールへと、あなたを強制的に乗せるのがこのイベントの目的なのです。

精神と時の部屋に参加したら、まずはイベントに出席してください。

参加したら確実にやり切って、半年後、また報告しに来てください。

成果が出ない人の大きな間違い

僕がこれまで多くの相談を受けてきた経験から言えること。

それは、積み上がらない人は2つの大きな間違いを犯しているということです。

  • 原理原則に反している
  • センターピンを捉え間違えている

原理原則に反している

原理原則に反した設計の行き先は崩壊です。
一時的に上昇しても基盤が脆く一定の高さに達すると瓦解します。

スケールに相応する盤石な土台をつくり、着実に高く大きく積み上げるには原理原則に則った設計が重要です。

センターピンを捉え間違えている

行動の指針となるセンターピン、ここを的確に射抜く行動ができていなければ事業は決して積み上がりません。

的外れな行動を繰り返しても、事業に及ぼす影響は微々たるものです。

事業の成長にクリティカルに効く行動を積み重ねるために、具体的なアクションプランを策定しましょう。

原理原則に則った上でセンターピンを捉え、最適化された行動を迷わず遂行しましょう。

そうすれば、事業は時間の経過とともに積み上がっていき、大きな成果を掴むことができます。

イベント内容

事業相談会は人数を制限し、少人数で密度高く行います。

当日の流れは以下の通りです。

  1. エレベーターピッチ、ワークシートの発表
  2. 事業課題の相談
  3. アクションプランの策定

①エレベーターピッチ、ワークシートの発表

相談者の方は、事前に自身のビジネスモデルを簡単に説明するエレベーターピッチとワークシートを作成してください。

エレベーターピッチ

我々は、<対象カスタマー>の抱えている、<ニーズ/課題>を満たしたり、解決したい。
<プロダクト名>というプロダクトは、<重要な利点、対価に見合う説得力のある理由>をカスタマーに提供することができる。
このプロダクトは、<代替手段>と違い、<差別化の決定的な特徴>が備わっている。
アナロジー:<我々はxxxのxxxxである>

このテンプレートに沿って、あなたのビジネスを開示してください。
例を記載しますので、参考にしてください。

我々は<髪質(クセやダメージ)に悩んでいる人>が抱えている<扱いやすくてキレイな髪への憧れ>を満たしたり、解決したい。
<Dears>というproductは、<髪質を改善し、誰もが憧れる艶髪>をカスタマーに提供することが出来る。
このプロダクトは<縮毛矯正>とは違い、<髪に負担をかけることなく髪質を改善できるというフィーチャー>が備わっている。
アナロジー:我々は、<お客様の髪の専門医>である。

ワークシート

ワークシートは下のURLからダウンロードできます。

男性はこちら
https://tokinoheya.com/wp-content/uploads/2021/11/00consultation_worksheet.pdf

女性はこちら
https://tokinoheya.com/wp-content/uploads/2021/11/00consultation_worksheet_ladies.pdf

ワークシートの各項目を埋め、当日持参してください。
相談前は黒字、当日、相談後は赤字で記入してください。

目標と現在の課題 あなたの目標と、今抱えている事業課題を記入してください
事業の状態 今の事業の状態を記入してください
発信の状態 利用しているSNS、発信内容を記入してください
行動の状態 事業課題を解決するために行動していることを記入してください
仮説・解決策 行動の根拠となる仮説、解決策を記入してください
アクションプラン 北原に相談後、設計を実現するアクションプランを記入してください

完璧なものを作ろうとしなくて結構です。
プレゼンや言語化の練習にもなりますので、この機会に挑戦してみてください。

②事業課題の相談

ワークシートをもとに、北原がその場で問題を深堀り、解決までの糸口を模索、事業を再設計します。

会話の内容はワークシートに赤字で追記し、見返せるようにしておきましょう。

③アクションプランの策定

再設計された事業に沿って、それを実現するためのアクションプランを定めてください。

あなたが定めたそのアクションプランに対して、北原が言及し道筋を示します。

課題を明確にし、解決する設計をし、それを達成し得るアクションプランが決まったら、あとはあなたが行動するだけです。
この時点ではもうすでに、あなたの本気スイッチはオンになっているはずです。

3ヶ月から6ヶ月実践したら、進捗をまた報告しに来てください。

伸び悩んでいれば、また事業相談会で軌道修正をします。
決めたアクションプランをクリアできていなければ、本気のBBQからやり直し、再度本気のスイッチを入れましょう。

参加者の声と参加後の変化

ほんの一部ですが、事業相談会に参加した方の声をご紹介します。

  • 方向性が定まり、アクションプランが明確になるので迷わず進めるようになった
  • 今まで停滞していた売上が伸び始めた
  • 売上の多い月、少ない月があって不安定だった事業が、設計を変えてから安定するようになった
  • 今までなぜ人が離れてしまっていたのかがやっとわかった
  • 売切り型ではなく、継続モデルのプロダクトがつくれた
  • ひとつひとつの行動の意味を理解できた
  • 成果にコミットするアクションに集中できるようになり、効率化されたおかげでリソースに余裕ができた

これらの声は、たった1度の事業相談会でいただいたものです。

なぜ1度の相談をしただけでこれほどまでに変化が起きるのか。

それは、設計して行動ベースで達成に至るプランまで決め切ったからです。

答えがわからず行き詰まっているのなら、サッサと聞いてサッサと解決して次に進むべきです。
学校のテストではないのですから、知っている人に答えを聞いて時短した方が良いに決まっています。

事業というのは、知っているか知らないか、やるかやらないか、でしかありません。
知識を得た瞬間から即実行を繰り返していけば、大抵の壁は乗り越え事業を成長させることができます。

つまり、迷っているだけ時間の無駄ということです。

参加方法・開催場所

開催場所は東京都内にある北原の代官山オフィスです。
記入が完了したワークシートをお持ちください。
詳細な場所は参加申込み後、個別にご連絡いたします。

相談できる人数は14人まで。
実際に相談する方のみご来場いただけます

申し込み方法に記載のフォームより、「会場参加」を選択してください。

相談の様子を見たいという方は、ZOOMでリアルタイムの配信を行っております。

ZOOMには20人までご参加いただけますが、相談はできません。
遠方の方や日程が合わない方、事業の参考にしたい方はぜひご視聴ください。

ZOOM視聴をご希望の方は、申し込み方法に記載のフォームのより、「ZOOM参加」を選択してください。

ZOOM参加の方の質問は、時間に余裕のある場合のみ回答させていただきます。
時間次第では回答できない場合もございます。
予めご了承ください。

遠方で参加できない方のためのZOOM相談会

遠方で参加できない方はZOOMで行う事業相談会にご参加ください。
詳細は参加申込み後、個別にご連絡いたします。

相談できるのは4人まで。
閲覧のみの方は20人まで。

相談者の方はイベントが始まるまでに、記入が完了したワークシートを、精神と時の部屋カスタマーサポートのLINEに送付してください。

相談希望の方は、申込み方法に記載のフォームより、「相談希望」を選択してください。
閲覧希望の方は、申込み方法に記載のフォームより、「閲覧希望」を選択してください。

閲覧希望の方の質問は、時間に余裕のある場合のみ回答させていただきます。
時間次第では回答できない場合もございます。
予めご了承ください。

また、ひとつ約束をしてください。
閲覧者の立場であっても、相談者と北原の会話を自分の事業に置き換えて思考すること。

間違いなく事業の成長に繋がるヒントが得られます。

参加費について

「積み上がる事業を構築する 北原の事業相談会」は、北原の精神と時の部屋のメンバーのために用意したイベントです。
メンバーの方は無料でご参加いただけます。

参加を希望の方は、申し込み方法に記載のフォームより参加申請をしてください。

申し込み方法

下記カレンダーより、ご希望の開催日時を選択し、申込みフォームよりお申し込みください。

※事業相談会は本気のBBQに参加していない方もご参加いただけます。

読み込み中... 読み込み中…